mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
1595-94 湯河原幕岩 悟空スラブ(マルチトレ)

★写真の上でクリックすると拡大します。
 2ピッチ目の修了点にて
 2ピッチ目の修了点から3ピッチ目を撮る
 4ピッチ目を登攀中
 1ピッチ目からの懸垂下降
     
日  程: 2021年10月18日(月)
メンバー: mikko(LD)、popo、パー子
天  気: 薄曇り(寒かった)

日記:
8時に管理棟前で集合して、久しぶりの悟空スラブに向かう。
今日は、日曜日の筆頭岩登攀を想定したマルチピッチクライミングのトレーニングです。

popoさんはリードで登って、支点の構築及びロープ操作がスムーズに行くように、パー子さんは確保と懸垂下降が課題です。
2本のロープで二人フォロー、1本のロープで三人が登る2種類の登り方を、また懸垂下降時のロープの出し方も3種類やって見る積りです。

1回目4ピッチで登ります。(2本のロープでフォローがふたり)
1ピッチ目、mikkoがリードで登ったあと、ふたりが5m位の間隔をあけて同時に登ります。

2ピッチ目、ラストのフォローのpopoさんがリードで登ります。ピッチの交代時にパー子さんのロープを解いてpopoさんに渡し、mikkoに付いていたパー子さんの色のロープを外してパー子さんに繋ぐ。この解きと繋ぐ作業を二人同時にやると時間も掛からずできて、リード者に付いたロープもスムーズに送り出すことが出来た。
(手繰り上げた2本のロープの末端が常に、リード者に繋がれた状態にすればロープをスムーズに送り出すことが出来ます。)

3〜4ピッチ目、mikkoとpopoさんが交代でリードし、その都度、問題等があった場合は検証しながら、じっくり登った。

4ピッチ目終了点から3ピッチで懸垂下降
殆どやったことのないパー子さんをメインに懸垂下降のセットの仕方等を練習しながら3ピッチで下りる。
傾斜の強弱で、ロープの出し方次第で絡んだりするので、今回は3種類の出しかたで下りてみた。
結果は傾斜が強ければ先投げでもいいが、緩い場合は2本まとめて少しずつ送り出すか1本ずつにして少しずつ送り出す方が悟空スラブに関してはスムーズに下りられた。

寒さに震えながらランチタイムを取る。
mikkoは午後、2枚の重ね着をプラスしたが本当に寒い。ブルブル・・・
多分、妙義もこんな感じなんだろうな。。。。

2回目(2ピッチ目終了点まで)
午後は、1本のロープでpopoさんがリードで登り、mikkoはpopoさんが登った後ロープをフィックスしてもらってアッセンダーで登り、パー子さんが懸垂用の50mロープを腰に付けてフォローで登ります。

筆頭岩では、popoさんがリードで登って確保、パー子さんはビレイに徹してもらうため、それに集中してのトレーニングです。
二人とも熱心に励んで、ピッチを重ねる毎にスムーズな動きになり一安心。後はスピードアップかな。。。

気が付けば16時少し前で、あっという間に時間が経っていた。急いで片付け等をして17時少し前に駐車場に戻って解散。
渋滞を避けるために、久しぶりに西湘バイバスを使って帰路に付いた。





関連記録 NET山岳会“HALU”パー子さんの記録へ







     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。