mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
2021/08/31 19:25:02|沢登り(日帰り)
1574-73 西丹沢 西沢(沢ハイク)

★写真の上でクリックすると拡大します。
 GPSの軌跡
 本棚沢遡行中
 本棚にて
 本棚にて
   
日  程: 2021年8月28日(土)
メンバー: popo(LD)、chako、おけいさん、Ootonbu、mikko
天  気: 晴れ
行  程: 5H12′
歩行距離: 4km
総上昇量: 266m

コース:
平塚自宅5:20⇒6:30西丹沢VCⓅ6:58→7:07入渓点→9:00下棚分岐→9:09下棚9:40→下棚分岐→本棚分岐→10:17本棚10:58→11:03本棚分岐→(登山道)→12:10西丹沢VCⓅ(解散)12:35⇒往路を帰路に付く

日記:
ビジターセンター前の駐車場に止められる可能性が低いので箒沢公園駐車場に7時集合の予定だったが、皆さん箒沢公園からの歩きを敬遠してか予定より早い時間に集合していてビックリ。mikkoも同じ理由で30分も早い到着だったにも関わらず一番ビリの到着だった。この時間で駐車場はほぼ満杯で残すところあと3台位かなぁ。。。。。
chakoさんが奥行きのある場所に止めていたので、あとから来る人に少しでも空けておこうという事で、縦列駐車で止めた。

今日の沢ハイクは、連日続く猛暑から逃れてリスクの少ない沢歩きをしようとpopoさんが企画してくれました。短い沢を少しでも長い時間を掛けて沢にいる時間を伸ばそうということでゆったり、のんびりの行程です。

足元だけ沢装備を整えて出発、登山道を少し歩いて、最初の渡渉地点から入渓します。ここは橋が流されていたので、居合わせた登山者の方達は登山靴を脱いで裸足で渡渉しています。

我らは気持ち良い歩きでジャブジャブと上流へと進んで行きます。
途中、幾つものりっぱな堰堤が行く手を塞ぐので、その都度沢に沿って付く登山道へ上がっては沢床に戻ります。

リーダーが良いバランスで休憩を入れながら前進、たま〜に現れる小滝も楽しく越え、水深が腿ぐらいの通過も何のその。。。。。冷た〜いと発しながらも嬉しそうです。

下棚沢出合から10分弱の歩きで下棚に到着。
水量が多く圧巻です。天然ミストを十分に浴びながら30分程休憩後、再び西沢に戻って次なる目的地の本棚に向かいます。

本棚沢出合に掛かる橋を潜って本棚へ向かいます。途中倒木を潜りぬけたり、本棚の少し手前では岩の上で日向ぼっこしていたマムシが我らに驚いて逃げて行くのを見たりと、ちょっとしたことでも楽しんじゃいます。

本棚も水量が多く、対岸にある涸滝も滝になっていてラッキー、ここで滝を眺めながら早めのランチタイムを取り40分程ゆったり過ごします。

・・・おもむろに本棚に近づいて行くおけいさん、その様子をchakoさんのカメラが追います。何が始まるのだろうとじぃっと見ていると、何やら怪しげな舞が始り、新コロナ感染拡大終息を願う舞かぁ?
舞を終えたおけいさん、びしょ濡れだったので効果があるはずと願いたい。

楽しい時間もあっという間、そろそろ下山しましょう。
下山は登山道で下るが処々で橋が流されていたので、我らはジャブジャブと渡渉して対岸に渡るが、登山者の皆さんはちょっと苦労しそう、早く橋が修復されることを願います。

本棚から1時間12分でビジターセンターに戻り、解散となった。
涼を求めてジャブジャブの沢ハイク、楽しかったな〜♪
そして、落ち着いたら沢登りもしたい!





関連記録 NET山岳会“HALU”Ootonbuさんの記録へ







     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。