mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
1469-55 丹沢 烏尾尾根〜政次郎尾根下降

【GPSの軌跡】


日  程: 2020年9月16日(水)
メンバー: mikko(LD)、chako、Ootonbe、nhkk、paul、H田
天  気: 曇り
行  程: 6H04′
歩行距離: 7.4km
総上昇量: 813m

コース:
平塚自宅6:15⇒6:40秦野駅北口⇒7:10新茅山荘前Ⓟ7:34→8:15一本桜→9:20烏尾山9:36→9:59行者ヶ岳→(サガミジョウロホトトギス探し)→10:55政次郎の頭11:24→12:55戸川林道→休憩所で休憩→13:38新茅山荘前Ⓟ(解散)⇒往路を帰路に付く

日記:
popoさんとikeさんが撮って来たサガミジョウロホトトギスの写真を見て、私も見た〜いで行くことに。
しかし、二人が行ったのは一週間前だったので花があるのか心配であるが、蕾も写真に写っていたので少しは残っていることを期待して仲間や友人を誘って出かけて行く。

新茅山荘前の駐車場でメンバーが合流するが、戸川林道は情報通り凸凹が多く荒れていた。mikkoとOotonbeさんは車だったが、chakoさんはバイクだったのでよく来れたと感心してしまった。

ヒル対策にヤマビルファイターやディート30%入りの防虫スプレーを登山靴等に吹きかけて出発する。



烏尾尾根は尾根上に乗るまで急登が続いて額に汗しながら登るが、尾根上に乗ると傾斜が緩んで快適な上りで高度を上げて烏尾山に着く。
烏尾山で休憩を取るも、展望は三ノ塔が見えるだけで残念だったが、前日に雨予報が出ていたことを思えば贅沢は言えないね。



烏尾山から行者ヶ岳の間にはホトトギスやノコンギク等の花が処々に咲いていて愛でながら進む。


【行者ヶ岳】

本日の目的の丹沢の貴婦人サガミジョウロホトトギスは、1ヶ所目には崖を回り込んだ先に一輪だけ咲いていて、とりあえず一輪だけでも見ることが出来てホッ!





2ヶ所目は、トラバースで行くが花は上の方に咲いていたので、足場に注意しながら登って写真を撮った。少し離れた所にいた目の良いchakoさんは、あっあそこに一輪、そこにも二輪と花をどんどん見つけて、ここでは11輪の花を確認することが出来た。きっと私たちが来るのを待っていてくれたんだよね〜ありがとね〜
花を撮り終わった後、上に登ったほうが良さそうだったのでロープを出して登山道に戻った。





サガミジョウロホトトギスとスルガジョウロホトトギスは見ているが、和歌山にはキイジョウロホトトギス、四国にはトサジョウロウホトトギスがあるらしいので機会があれば見てみたいなぁ。。。。。





政次郎の頭でランチタイムを取ったあと、政次郎尾根を下降して戸沢出合に降り、戸川林道を歩いて駐車場に戻る。



雨に降られることなく、ヒルも見ることなく、目的の花も愛でることが出来て、仲間とのんびり話しながらのゆったりハイク、今日も楽しかった〜!
来年は花がたくさん咲いている頃に、もう一度行きたいな〜





関連記録 NET山岳会“HALU”chakoさんの記録へ

一週間前に行ったikeさんの記録へ







     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

一緒にトレーニング。。。。
ロープワークトレぜひ一緒にしましょう。
mikko  (2020/09/23 23:31:17) [コメント削除]

楽しかったです
お世話になりました。
登山道から外れ、ざれた場所に行くのは、ちょっとワクワクしました。
ロープワークの実践、チャンスがあればトライしてスキルアップしていきたいです。

chako  (2020/09/19 20:45:52) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。