mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
1456-42 奥多摩 御岳山〜鍋割山〜日の出山北尾根下降(周回)

【GPS軌跡】


日  程: 2020年7月27日(月)
メンバー: mikko(LD)、つっちぃ、takka

天  気: 曇り
行  程: 7H51′
歩行距離: 16.86km(ケーブルカー乗車1km分除いた距離)
総上昇量: 937m(ケーブルカー乗車430m分除いた量)

コース:
平塚自宅5:50⇒6:00TATUYAファーム⇒厚木IC⇒あきる野IC⇒7:37御岳山登山口Ⓟ(1,000円)7:46→滝本駅8:21⇒(ケーブルカー/600円)⇒8:26御岳山駅→8:46神代けやき→8:58御嶽神社(御岳山)→9:47奥の院→9:57奥の院峰→10:14鍋割山→アクバ峠→10:56綾広の滝→11:12ロックガーデン(休憩所)→11:28天狗岩11:37→11:46七代の滝→12:50長尾平(展望所)12:55→神代けやき→13:52日の出山14:12→(北尾根下降)→15:30車道→15:37御岳山登山口Ⓟ⇒日の出IC⇒厚木IC⇒17:27平塚自宅

日記:
予定していた東北の山旅も雨天予報で中止になり、ぐずついた天気が続いて気がめいっていたところに、つっちぃから山に行かないかと連絡を受けて、天気の良さそうな場所を選んで急遽、御岳山に行くことになり慌ただしく準備をする。

自転車で我が家まで来たtakkaさんと一緒に出発、TATUYAファームでつっちぃをピックアップして一路久しぶりの奥多摩をめざしてひた走る。
コロナ渦の影響なのか、いつもは渋滞しているはずの個所も順調に進んで行くと、日の出ICから先が事故に由り通行止めだと言うことで手前のあきる野ICで降りたため10分遅れて目的地に到着。
車は日の出山北尾根の下山口に一番近い駐車場が開いていて、止めることが出来てホッ! 駐車場が開いていて良かった!

20分程車道を歩いてケーブルカー滝本駅に着き、10分待って8時21分発のケーブルカーに乗車する。記憶が正しければ初めての乗車だ。5分程で御岳山駅に着くと都心のビル群が良く見えスカイツリーも見えた。





先ずは参道を通って御嶽神社を目指す。御師集落や樹齢1000年の神代けやきを眺め暫くは観光気分で歩く。信仰のお山だけあって宿坊の多さにも驚いた。





静けさの中、良い雰囲気を味わいながら一歩、一歩石段を上り詰めて御嶽神社に着く。りっぱな神社です。



お参りをしたあと少し戻って、近道の道標に導かれてショートカットをし、大岳山へ通じる登山道に合流、しばらくほぼ水平移動で歩を進めるが、鞍部から稜線上のルートに入ってやっと登山道らしくなってきた。

小さなアップダウンを繰り返しながら、奥の院、奥の院峰を通過して鍋割山に着く。鍋割山は2年前に海沢探勝路〜大岳山〜鍋割山北尾根下降の時に通った場所で、ちょっと懐かしかった。あの時は大岳山でスイカを食べて美味しかったんだよね〜





アクバ峠からロックガーデンコースに入り、御岳沢沿いに進んで行くと綾広の滝が現れた。つっちぃ曰く、いつもは水流が少なくてしょぼい滝らしいが、昨日の大雨によって水量の多いきれいな滝を見ることが出来て大変ラッキーだった。途中でお会いした登山者の話によると昨日は冠水していたとの事。この滝は滝行をする場所でもあるらしく、側の被った岩の所にはサンダルやビニールシートが複数置かれていて、ビニールで出来た更衣室らしきものもあった。



渓相の良い景色を眺め、飛び石伝いに小さな渡渉を繰り返しながら進んで行く。休憩場のベンチではtakkaさんに冷たいサイダーをごちになって超美味しかった。

沢から離れて登っていくと目の前に岩峰(天狗岩)が現れ、てっぺんには天狗の像が見えた。登れることが分かったので、ちょっと寄り道。。。。。ロープが張られているので簡単に登れた。先行者の4〜5歳の男の子を連れたファミリーの男の子が岩場の上り下りが気に入ったとの事でもう4〜5回も往復して登っているとの事で先が楽しみだね〜
我らはてっぺんの天狗像と一緒に写真を撮ったあと、直ぐに下りて先に進んで行く。



登山道を分岐して再び沢に急下降すると七代の滝が待っていた。こちらも水量があってなかなかの滝です。暫し滝を眺めたあと、今度は急登を喘ぎながら頑張って御嶽神社の下を通る登山道に合流した。ここは行きに通った道です。



長尾平のトイレのある広場のベンチでランチタイムをゆったり取ったあと、末端まで景色を眺めに行ってみる。ここからはランドマークタワーが見えたが景色がぼやけていて残念。。。。戻る途中に対岸に、これから行く日の出山へ続く稜線が見えた。



商店街と集落を通り抜け、登山道へ入って行く。樹林の中の歩きなのでほとんど景色を見ることなく黙々と進んで日の出山に到着。
単独の先行者にお願いして写真を撮ってもらったあと、先行者は出発したので我らはゆったり最後の休憩を取ります。



さあ、下山開始です。
ほんの少し進んで、通行止めと書かれた看板があるところから左側に回り込んで北尾根乗る。最初は急下降だが踏み跡がしっかり付いているので問題なくどんどん下って行くが、地形図に表現されていな隠れピークが数カ所あり、小さなアップダウンを経て車道に降りる。あとは車道を歩くこと7分で駐車場に戻り、お疲れ様でした。途中民家の庭に咲くキキョウの花が奇麗だった。







今回は久しぶりのお山だったが変化に富んでいて、大変楽しいルートだった。
梅雨が明けたら、今まで行けなかった分を取り戻したい!





関連記録 NET山岳会“HALU”takkaさんの記録へ







     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。