mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
2020/02/03 20:58:04|バリエーションルート
1421-07 大山 三峰山(惣久尾根〜宝尾根下降)

【GPS軌跡】


日  程: 2020年1月31日(金)

メンバー: つっちぃ(LD)、AKINA、けん、mikko
天  気: 晴れ
行  程: 7H07′
歩行距離: 10.5km
総上昇量: 1054m

コース:
平塚自宅6:25⇒6:35つっちぃ宅⇒7:10道の駅清川ⓟ7:28→7:48惣久尾根取付→10:08登山道合流→11:33三峰山→11:50七沢山(宝尾根下降点)→14:01谷太郎林道→14:35道の駅清川ⓟ(解散)⇒往路を帰路に着く

日記:
つっちぃ車に同乗させてもらって、集合時間より20分前に道の駅に到着。早かったねって言っていたら、AKINA車はもっと早く着いていてビックリ。
双方早い到着だったので、予定より早めに出発で来た。

谷太郎林道へは、こっちからも行けると言って地形図から外れて直進するも、直ぐに道が無くなって、戻ることになりチョッとロスタイムに。。。。。
はやり、皆が持っている地形図に引かれたルート通りに行くのが一番早そうです。

谷太郎林道に入って、このエリアは久しぶりなのでワクドキで進み、水の尻沢の右岸尾根に付く経路が八丁経路なので、水の尻沢橋を渡ったあと石段があったので、この石段を登って取りつく?ってリーダーに言ったら、まだ違うよ〜とあっさり言われて更に先に進んで行く。



不動沢を渡って、ここだよって不動沢の右岸尾根(惣久尾根)に取りつくが、不動沢から見たら左岸尾根に取りつかなければならないのではと思いながら後に続く。。。。。



取りついて間もなく、前を歩かせてもらうが、地形等からも合点がいかずGPSで確認すると、やはり隣の尾根に取りついていた。



リーダーのどうする?の声に、このまま登りたいということで、八丁経路から惣久尾根に変更して続行することになった。要所要所で現在地確認をしながら処々に出て来る急登を踏ん張り、登山道に合流してホッ!急登が多かったが歩きやすい尾根だった。





朝が早かったから、お腹が空いた〜とリーダーに懇願し、ベンチのある休憩場所で早めのランとタイムを取った。まだ雪が残っている周りの山々の景色は良かったが、風も良く通って寒いのなんのって。。。。。のんびりランチタイムとはいかず、食べ終わったら早々に出発です。

出発早々長〜い階段上りが目の前に。。。。。
せっかく取ったエネルギーが吸収されちゃう、なんて言いながら登っていたら見た目より早く終わってホッ!



この後三峰山までの間、細尾根や鎖場の小さなアップダウンが何度も現れて愉しい歩きになり、玉ねぎ石にも久しぶりにお目にかかった。



三峰山でお会いした単独行の登山者にシャッターを押していただいてパチリで、ありがとうございました。



稜線上は寒いのでノンビリしていません。写真を撮ったら直ぐに次なるピーク七沢山に向かいます。三峰山から七沢山の間も鎖場がたくさんあって愉しかった。

七沢山から登山道と離れて宝尾根の下降です。直下はチョッと微妙な急下降なので慎重に下りて行く。





上りは高みを目指せば目的地に着くが、下りはそうはいかないので要所要所でしっかり地図読みをしながら高度を下げ谷太郎林道に合流し、道の駅に戻る。
今回はルートが変わってしまったが、十分な登りを楽しませてもらった。ヒルが出る前にリベンジしに行きましょう!





関連記録 NET山岳会“HALU”AKINAさんの記録へ







     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。