mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
2019/11/16 17:57:00|海外登山他
1400-54-B ネパール山旅(ランタン谷〜ゴサインクンド〜ヘランブー)

【GPSの軌跡】


日  程: 2019年10月23日(水)〜11月8日(金)
メンバー: mikko(LD)、furu、sako、N村、S田、
時  差: ネパール-3H15 バンコク-2H(記録は現地時間で記載です)

トレッキング1日目
Syabru Bensi→Domin→Lama Hotel編(10/26)


天  気:快晴
行  程:8H45
移動距離:15.05km
総上昇量:1343m

コース:
シャブルベンシ7:00→8:55休憩→9:03ドミン→9:19分岐→9:45ランドスライドロッジ(ティタイム)10:10→10:28ヒマラヤンハニー(巣)→11:40バンブー(ランチ)12:44→13:36休憩13:40→15:05リムチェ(休憩)15:15→15:45ラマホテル(泊)

日記:
朝食の時に、今回の総スタッフと顔合わせをする。前回、内院トレッキングの時と2名違うだけで、殆ど同じだったので気分的には楽、ハグ等を交えながら再開を喜ぶ。前回も毎日のようにトランプ交流をしていたのでムードは和気藹藹。

今回のスタッフは、ガイドのミンマさん(前回のガイドの弟です)とガイドの資格を持ったアシスタントガイドが二人付きます。ガイドは日本語が話せないので、日本語が堪能なサントスさん(ネパール在住のインド人)とクライミングガイドの資格をもったインディラさんです。ポーター三人の内ふたりのポーターのギャンさんとデビィさんは前回と同じで、新しくランタングさんが加わった。6名のスタッフと我ら5名、総勢11名のパーティでトレッキングをします。



外に出ると、吐く息が白かった。温度計を見ると12℃を指していたのでどうりで寒いわけだと納得。
ポーター達は早々に荷物を振り分けて、早くも出発していく。

我らも、少し遅れてトレッキング開始。少しの間、中国とカトマンズを結ぶ道路を歩くがトラックが多い。また、ランタン谷トレッキングを終えたツーリスト達を運ぶため(多分)のバスも数台見られた。このバスも、我らが昨日乗ったJeepの様に1日で往復するのではなく、長時間走行なので片道ずつを二日掛けての往復運行かなっているのだろうと勝手に想像。。。。





ツーリストチェックポイントで受付を済ませ(ガイドがやってくれた)て、少し行くとネパール犬が道路端にチョコンと座っていて『ナマステ〜』って感じで挨拶をしている様に見え、お行儀の良いわんこちゃんに感心する。大きな犬は苦手だが、今までネパール犬については怖いと思ったことが無いので不思議です。
お行儀の良いわんこちゃんに見送られて(と、勝手に思っている)、車道から離れて緩やかに下って行く。

ボデ・コシ(川名)に掛かる吊り橋を渡ったあと、暫くの間ランタン・コーラに沿って右岸側を進む。



対岸には11月1日に宿泊予定地のトゥロー・シャブルへ続く車道が見え、上から下りて来るJeepも見えた。

ペットボトルを繋いで居室を作っていた小さな村?を過ぎ、少し先で吊り橋を渡って対岸に移り、暫く左岸側の車道を進む。





少し進むと建築工事現場らしき前を通る。建物は凄く大きくホテルを造っている様に見えたが作業は少人数での人力の様なので時間は掛かりそうです。ホテルだったら直ぐ側には大きな滝があったので目玉になりそう。(後に、建築中の建物は中国の支援で造られている水力発電所だと分かりました。)

風景が変わり、ランタン・コーラの流れも緩やかになり足取りもルンルンで進み、支流に掛かる吊り橋を2ヶ所超えるとドミンです。ここは休憩を取らずに通過し、少しの歩きで分岐に着く。タンタン谷を終えた後1泊でここまで戻り、この分岐から次の泊地のトゥロー・シャブルへ向かいます。



ここから少し先でサントスさんが、白いサルを見つけて大フィーバー!写真を撮ろうにも動きが早いのとレンズ越しでは見つけにくかったので、とりあえず適当にシャッターを押して置く。あとで写真を確認すると木の幹と同化していて見えずらかったが写っていてホッ!色は、白と言うより淡いグレーが正しいかもです。

アップダウンのあとランタン・コーラに一旦下って行くと前方にランドスライドロッチが少し高台に見えた。サントスさんからランドスライドロッジでティタイムを取ると聞いたとたんに、足が勝手に張り切りだす。
途中、川の中にHOTSPRING→と書かれた大きな岩を見るが、地震によって温泉は無くなってしまったそうです。斜面の上部には、登山道の残骸らしきものも見えたので、上にあったもう一つの登山道も無くなったのかもしれません。



見た目より楽に登れてランドスライドロッジに着く。さっき見たのと反対方向からの景色も良く、マンゴジュースで喉を潤しながら、自分たちが歩いた足跡を目で追う。
マンゴジュースは前々回の時からファンになり、毎回欠かさず飲んでしまう。たまに置いていないロッジに当たってしまった時には、超がっかりでシュンとしてしまうくらいだ。

ランドスライドロッジから10分弱歩いたところで、対岸の絶壁の上部にヒマヤラハニーの巣を見ることが出来た。かなり離れているので実際の大きさは分からないが撮った写真で数えても大小合わせて30個以上を確認できたのでビックリです。ガイドによるとヒマラヤハニーは高価なので中々口にはできないそうなので、そんな話を聞いてしまうと是非とも食べる機会が欲しいものです。。。。



時折、登山道の両側に生えているイラクサに注意をしながら更にゆっくり、ゆっくりと高度を上げて行く。イラクサはpopoさん曰くアリが噛んだ時に出る液と同じものがイラクサにもあって、触れた途端にその液が出るので痛みは蟻に噛まれたのと同じだと教えてくれた。なんと、衣服や手袋をしていてもチクリとするのだから、ある意味凄いぞイラクサ。なるべく触れないようにして歩こう。

バンブーでランチタイム。何を食べようかな〜
そういえば、内院に行った時にも同じ地名がありました。
サントスさんからメニューを聞きながら、mikkoが頼んだのはエッグヌードル。メニューの中から何を幾つ食べても良いことになっているのだが、結局食べきれる量と食欲(好みも含む)を考えると1品が限度になってしまうのです。特にmikkoとfuruさんは、現地の食べ物や味付けが直ぐに鼻についてしまうから、それが最大の難点です。



今日のルートは、まだリズムが出来ていない中で高低差が一番ある日なので、一番大変な日です。なので、ゆっくり、ゆっくりと歩を進め、途中で会うロバのキャラバンも休憩を取りながら眺め高度を上げて行きます。

ラマホテルの手前のリムチュで休憩後、30分ほどの歩きでラマホテルに到着して1日目のトレッキングを終える。



ホテルの庭でティタイムを取ったあと、各自の部屋に行ってひと息つきサントスさんの案内で、宿の前を流れるランタン・コーラを見に行った。タンタン・コーラは迫力のある激流で暫し流れを見入ってしまう。

宿に戻って、夕食時間が来るまでスタッフ達も交えて交流トランプタイム、勝敗が決まって罰ゲームになると、ついつい気合が入って毎回大盛り上がりになります。

夕食は各自好きな物をオーダーしてメンバーで少しずつシェアーした。シャベルベンシでオーダーしたパンプキンスープが粉末ではなく手作りだったので、ここでもオーダーしてみるが手作りだったのでGood。明日もオーダーしてみよっと。

ラマホテルは、ダイニングと部屋には電気が点くが、廊下には電気が点かないのでヘッテンを使った。また宿のおやじさんの声がだみ声で特徴がありチョッと面白かった。この宿は5日目トレッキング日の宿でもあります。





トレッキング2日目:ラマホテル〜ランタン編に続く





     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

只今奮闘中。。。。
少しお待ちくださいね。
mikko  (2019/11/26 9:50:44) [コメント削除]

ランタン
次が楽しみです。
チョモ  (2019/11/26 8:07:33) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。