mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
1375-29 高尾山周辺ハイク

【エビネ】


日  程: 2019年5月23(木)

メンバー: sako(LD)、momo、kazunoko、mikko
天  気:晴れ
行  程:7H09′
歩行距離:12.36km
総上昇量:706m

コース:
平塚自宅5:25⇒5:35TATUYAファーム5:40⇒厚木IC⇒高尾山IC⇒6:40某所ⓟ6:46→城山付近→13:55某所ⓟ⇒往路を帰路に着く

日記:
momoちゃんにピックアップしていただいてTATUYAファームへ行き、ここでsako車に同乗させていただいて登山口に向けて出発する。
今日は花探し、鑑賞ハイクなのでどんな花に出会えるか楽しみです。

今日も順調走行で某所ⓟに着く。早朝とあって先行車が2台止まっているのみです。
ここから案内役のsakoさんを先頭に出発します。

出発後、早々に見たことのない緑色の小さなリンドウに似た花に出会う。そしてイチヤクソウ、カンアオイ、ギンリョウソウ、ナルコユリ、ギンラン、フタリシズカ、エビネ、ベニヤマシャクヤク、ハンショウヅル、スズムシソウ等々見つけることが出来た。エビネはきれいに咲いていたが、今回一番の目的だったベニヤマシャクヤクはまだまだ蕾が小さく硬かったので残念だった。

【ギンラン】




【ベニヤマシャクヤク】


【スズムシソウ】


9時20分頃、城山に着くとmomoちゃんが差し入れの卵焼きや煮物をテーブルの上にだしてランチの支度を始めるが、いくら何でもまだ早いでしょうと言うことで、茶店が開いていたので、mikkoとsakoさんは、かき氷の小(イチゴミルク400円)を注文するが、出来上がりを見てビックリ、削られた氷がタワーの様に立っています。これが小だったら大はどんなのが来るんだろう?間違って大を頼んでしまったのか?とお店の方に聞くと、これが小です。だって〜

【これで小サイズです!】




momoちゃんとkazunokoさんは甘酒を注文して暫し休憩をします。
流石に暑かった体も最初は良かったがだんだん冷えて寒くなってきた。sakoさんは鼻水が出てきたと途中でグロッキー、mikkoも寒かったけど頑張って何とか完食でフゥ〜
体を暖めるためにナメコ汁を飲みたかったが、もう少し花探しをして見ようということになり出かけて行く。

この後、ギンラン、キンラン、イカリソウ、エビネ等々を見つけることが出来て大満足。お昼近くになったのでもう一度、城山に戻ってランチタイムを取る。暖かいナメコ汁(250円)と仲間の差し入れを美味しくいただいたあと、下山の途に付く。

【イカリソウ】


【キンラン】


【ランチタイム】


名前を挙げた花の他にも、名前の分からないたくさんの花を見ることが出来、楽しく嬉しい時間を持てたこと誘ってくれたリーダーに感謝、ありがとう!
出来れば、開花したベニヤマシャクヤクを再来して見て見たいな〜


関連記録 NET山岳会“HALU”momoちゃんの記録へ








     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。