mikkoの山旅日記U

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
2018/09/14 16:45:00|沢登り(日帰り)
1323-49 丹沢 モロクボ沢滑棚沢右俣〜雷木沢右岸尾根下降(沢登り)

GPS軌跡


日  程: 2018年9月9日(日)
メンバー: mikko(LD)、うたやん、つっちぃ、sakutaro、入会希望者、他1
天  気: 曇り〜晴れ
行  程: 8H
歩行距離: 11.5km
総上昇量: 751m

コース:
平塚5:30⇒6:45西丹沢VC⇒7:00用木沢出合ⓟ7:45→8:24モロクボ大滝→10:14滑棚沢出合10:21→10:32階段状5m滝→12:53シャガクチ丸→雷木沢右岸尾根下降点→15:45用木沢出合ⓟ⇒往路を帰路に着く

日記:
8日から東沢・釜ノ沢東俣に行く予定だったが、数日前の台風通過や雨予報のため中止にしたので、急遽代替え遡行でモロクボ沢滑棚沢右俣に行くことになった。モロクボ沢は何度か遡行しているが滑棚沢は今回初めてなので楽しみです。

西丹に向かう道中、河内川の流れが濁っていて昨日の雨の増水がまだ引かないのかと一瞬焦るが、丹沢湖が放流中だと分かってホッ!

西丹沢VC前でうたやんをピックアップして用木沢出合へ着くと、入会希望者の千葉から参加のhanaちゃんは既に到着で我らを待っていた。しばらくしてsakuちゃんも到着してメンバーが全員揃う。
予報では朝から晴れるはずだったのにどんより曇り空、道路はまだ濡れています。

沢装備を整えて出発、少しの間舗装された車道を歩いたあと車道と別れて白石沢に掛かる橋を渡ってキャンプ場跡地へ入って行く。
赤いやまびこ橋を渡ると暫くモロクボ沢の右岸側の歩きになり、やまびこ橋を渡ってから三つ目の堰堤の上から入渓する。

入渓後、15分位で大滝です。今日は水量も多く迫力があります。


ここは登れないので大滝の右岸側に着く踏み跡を辿って巻きルートの取付へ行く。
チムニー状の岩の間を、ロープを引いて2ヶ所で灌木にランニングを取り最上段へ登り、後続を確保後トラバースで滝上にでる。


ここから堰堤までがこの沢のハイライト、水量が多いので何時もよりきれいに感じ、難しくないので各々好きなルート取りをして進み、冷たそうな水と楽しそうに戯れるメンバーもいます。この辺りで単独の若い男性が追い付き先行する。(この後ご縁のあるお方でした。)


堰堤を越えると変わり映えしないゴーロ歩きになるが、処々に現れる支沢もたっぷりある水流が滑滝と化していてきれいだった。
水晶沢出合(840m)から先には流木が見られたが本流にはほとんどなく進み、初対面のシラヒゲソウにも出会えてラッキー。


滑棚沢出合(935m)に着くと先行者の男性が休憩していた。
何処へヅメるのかを聞くと、善六沢をツメて畦ヶ丸経由で西丹へ戻る積りだったがGPSが故障してしまったため善六沢に入りそびれて、ここまで来たとのことだった。それなら、ここから私たちと一緒に行きませんかとお誘いをして行動を共にすることになった。

休憩後、出発。mikkoもメンバー達もこの沢は初めて。。。。。どんな滝が待っているのか楽しみです。
直ぐにF1の滝が表れてワ〜!きれいな滝で立っているが登り易そうです。
満面の笑顔で、ハイポーズでパチリ!楽しそう。


ドンドン出て来る滝も簡単に登れて、楽しい、楽しいであっという間に5m階段状の滝に着く。


この滝は、濡れたくない人は流れの左側を登って、落ち口手前で左側に逃げて簡単に登る。濡れ好きのうたやんは水流の右側から登って、水流を浴びながらバンドをトラバース後、岩と岩の間を濡れながらすり抜けて落ち口へ。
滑っていれば外傾しているので嫌らしく感じるかもしれないが、昨今何度も大雨が降っているので滑りが洗い流されているため快適に登ることが出来た。

滝でロープを出すところが無かったので、ここで左右にロープ2本を張ってトップロープで遊ぶことに。。。。。。それぞれ好きなルートを登った。


二俣(990m)で右俣に入り、この後も小滝を楽しみながら越えて行き1130m付近から右岸側に登り尾根に乗り、少しの登りでシャガクチ丸(1191m)に着く。
右岸側への登りの時には急斜面だったのでロープを出した。

シャガクチ丸から水晶沢の頭手前までは一般登山道の歩きだが、ヤマナシの実やキノコを見つけては寄り道で楽しみ優先。。。。。中々前に進みません。


水晶沢ノ頭手前で最後の休憩後、雷木沢右岸尾根を下降して雷木沢へ無事下りる。
780m辺りで作業道らしき踏み跡を辿り、末端まで行くとザレと鹿柵で道がなくなるので、少し戻ってトラバース状に付く踏み跡に入ると雷木沢に下りられます。トラバース状に付く踏み跡の分岐は薄くて分かりづらいが入ってしまえば明瞭です。

雷木沢の堰堤は右岸側の柵の内側から下りて、雷木沢を渡って対岸に移ると踏み跡がやまびこ橋の側まで続いています。ここから朝通った道を用木沢出合へ戻り解散、お疲れさまでした。
超癒し、美渓の沢登りとタマゴダケ大量ゲット、アケビ採りと楽しい一日であった。
そうそう、お初のアカヤマドリも1本採れ、バター醤油炒め美味だった。





関連記録 NET山岳会“HALU”うたやんの記録へ

うたやんのHP(ヤマレコ)へ






     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

ありがとう!
喜んでもらって嬉しいです。
音楽は自分で選ぶんだけど、曲数が少ない中からの選曲なので毎回悩みどころです。
癒し系の沢楽しかったね〜

mikko  (2018/09/15 10:05:31) [コメント削除]

おもしろ〜い!
動画、臨場感あって面白いですね。曲の選択は自動?mikkoさんの好み?センス良さげです。
Nさん、コメントくれたらうれしいので一言どうぞ!

うたやん  (2018/09/14 21:00:05) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。