mikkoの山旅日記T

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
1248-47 高尾山北尾根(VR)〜城山東尾根下降
   GPSの軌跡

★写真の上でクリックすると拡大します。

日  程: 2017年6月15日(木)
メンバー: るりびたき(LD)、momo、furu、mikko、Gちゃん、Yさん
天  気: 晴れ
行  程: 4H50′
歩行距離: 7.7km
総上昇量: 626m

コース:
平塚自宅7:20⇒TATUYAファーム7:40⇒8:00厚木IC⇒8:20高尾山IC⇒8:40日影Ⓟ9:30→高尾山北尾根→10:50高尾山山頂11:30→12:23城山13:12→城山東尾根→14:20日影Ⓟ⇒高尾駅⇒往路を帰路に着く

日記:
Yさん車にピックアップしていただいてTATUYAファームへ。。。。
TATUYAファームでfuruさん車に平塚発メンバーが同乗させていただいて、登山口である日影へ向かう。

通勤渋滞にあうことなく順調走行で、集合時間より40分も早い到着となるが駐車場には早くもたくさんの車が止まっていた。
駐車場は、日影バス停のすぐ先を左折(狭い道路)し、橋を渡ってすぐの右側にあります。

バスで来るリーダーを待つ間、沢沿いに出来ているユニバーサルデザイン歩道(短い木道)を歩いて付近を散策して時間をつぶす。(釣り竿を持ってくればよかったかなぁ。。。。)


バスが2台連なって(臨時が出ているのかな?)通るのが見えたあと、まもなくリーダーが合流し、出発準備は整っていたので合流後すぐに出発です。


林道を少し進むとキャンプ場があり、ここでトイレを拝借した後、左側への道へ進む。

まもなく右手に踏み跡があり、この踏み跡を辿って藪の中へと入って行く。藪の中には赤テがたくさんありすぎて。。。。。
1っカ所に5〜6本も下がっている所では何のため?とその時は不思議だったが林道へ上がるショートカットの目印だったとあとから分かる。
我らはトラバースの踏み跡を辿って林道に出た後、北尾根に取りつく。

北尾根は急登なので効率よく高度がドンドン上がり、額にも汗が流れます。
花に詳しいfuruさんがハナイカダを見つける。葉の真ん中に実が乗るように付いていてなんとも不思議な植物です。


北尾根取付から50分の登りで登山道(車道)に合流後、少しの歩きで高尾山山頂に到着となる。北尾根では誰にも会うことは無かったが、流石に多い時には年間300万人登られている山だと言われているだけあって賑やかです。


山頂のビジターセンターでタイミングよく、直ぐにスライドショーが始まると言うので寄って行くことにする。本日課題の高尾山にいる哺乳動物の話は興味深く面白かった。

次は城山へと向かいます。


整備された登山道を進むと、見事なヤマボウシに。。。。。
しばし花を楽しみましょう。




城山に着いて、待ちに待ったランチタイム、お腹はペコペコです!
差し入れの、卵焼きに煮物もテーブルに並んで『いっただきま〜す♪』お山で食べるおにぎりは格別ですね〜
デザートにバナナや珍しいお菓子等もたくさんいただいて満腹、まんぷく。。。。


楽しみにしていた、お茶屋さん名物のかき氷は残念ながら閉まっていたのでまたの機会ですね〜

たっぷり休憩を取ったあと、東尾根で下山開始。




1時間強の下りで駐車場に戻り、3時間余りのコースタイムをゆったり、のんびり5時間弱かけてのハイキングを終える。
今回のルートは高尾山北尾根も城山東尾根も登山者にあうことが無く静かでいいルートだった。計画していただいたリーダーに感謝です。



関連記録 NET山岳会“HALU”るりびたきさんの記録へ





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。