mikkoの山旅日記T

最初は食べ歩きの旅、そしてハイキング、100名山、そして次は沢登り、岩登りと広がり冬は3000m級の冬山へ・・・・
 
2017/06/07 16:38:03|山菜、キノコ採り
1245-44 新潟 銀山平山菜キャンプ&山古志ワラビ採り
      採った山菜を使ってランチ作り♪

★写真の上でクリックすると拡大します。

日  程: 2017年6月2日(金)午後〜4日(日)
メンバー: WISH(LD)、Mt-sam、takka、るりびたき、aki、sakutaro、momo、kazunoko、つっちぃ、higuma夫妻、mikko
天  気: 6/3 雨 / 6/4 雨のち曇り

6/2)
平塚自宅15:30⇒16:00TATUYAファーム⇒厚木IC⇒20:00大和PA(車中泊)

6/3)
大和PA6:50⇒7:00道の駅湯之谷7:33⇒8:03銀山平キャンプ場(テント&車中泊)

6/4)
銀山平キャンプ場6:00⇒7:14山古志村(牧場跡でワラビ採り)8:00⇒8:26蓬平高龍神社&よもぎひら温泉福引屋(入浴料800円)10:20⇒長岡南越路スマートインター⇒12:00赤城SA(ランチタイム)13:07⇒厚木IC⇒平塚自宅16:38

日記:
6/2)
午後、mikko車同乗のメンバー、momoちゃん、kazunokoさん、つっちぃと一緒に出発する。
途中、降りだした雨にテンションが下がるが、大和PAに到着の頃には傘も要らないくらいの小降りになっていてホッ!

食料等の荷物が多いので、軒先に濡れないように荷物を置かせてもらい、段取りよく空間を作り出し、21時ごろにはシュラフに潜り込んでおやすみなさ〜い。
しかし、シュラフに潜り込んだあたりからまた雨量が多くなり、作業中に小止みになってくれたことに感謝しながら眠りに着いた。

伊勢原を20時に出発した、WISH車が零時過ぎにインターチェンジを出るための時間調整を同じPAでいていたことなど知る由もなくぐっすり眠っていた。

6/3)
5時半起床、雨は止んでいたがいつでも降りだしそうな空模様です。
朝食を済ませて出発し、道の駅湯之谷で仮眠していたWISH車のメンバー達と合流する。8時合流予定であったが、キャンプ場にチェックインする前にコシアブラを採っておこうと言うことになり、直行組のsakuちゃんとsamちゃんに連絡をしてひと足先に銀山平に向けて出発する。

キャンプ場に着いて残雪の多さにびっくり!
コシアブラを採りに行く道も雪に覆われていたので雪のない急斜面を、灌木を掴みながら這い上がって行く。



傾斜が緩んだところで散策路に合流し、この辺りからコシアブラを採りながら登って行く。今年は残雪が多いせいか食べごろの美味しそうなコシアブラがゲット出来てニンマリ。。。。。





キャンプ場に戻ると、samちゃんが、炊事棟の周りに風雨を避けるために大きなシートで壁を作っていてくれた。気が利くね〜samちゃん!
小雨が降っていたので、テントは山菜採りから戻ってから張ろうと言うことになり出かけて行く。

しかし、まもなく多量の残雪に・・・・
お山はまだ早春の様で、いつもはすぐ見つかるウドは芽も出ていません。
その代わり、美味しそうな黄緑色のふきのとうやこごみは食べごろをたくさん採ることが出来た。



雪の上をさらに進むと目が・・・・



いつも渡っていた沢も雪の下で、スノーブリッジどころか谷全体が雪で覆われていて、このエリアで当てにしていたミズ、ウルイ、ウド、ウバユリは芽も出ていなくて残念だったが、いつもは残雪のために先に入ることが出来なかったエリアも少し見ることが出来たのはちょっと嬉しい気分。。。。。

後から戻ったsamちゃんが、ウドやウルイも見つけてきてくれたのでホッ!流石です。
本日ゲットできた山菜は、ウド、コシアブラ、ウバユリ、こごみ、ふきのとう、ヒラタケ、小フキ、ヨモギ等です。キャンプ場の周りにたくさん咲いていたニリンソウは摘みそこなってしまって残念。

ランチは、ゴゴミ入りペペロンチーノ、ふかひれスープ、ウド入り生野菜サラダ、大根の甘酢漬けをたっぷりいただき大満足。。。。



男性陣は早くも、お酒をちびり、ちびりが始まっていて楽しそうです。

大降りではないものの雨が降り冷たい風も吹いているので寒いです。調理をしている手もかじかみ季節を逆行しているみたいでが、知恵は必要に応じて出て来るもので男性陣が頑張ってくれました。
軽ワゴンのバックドアーを開けた状態で2台を縦列に止め、開いたバックドアーの周りを大きなビニールシートで覆って、雨風を避けた快適空間を作ってくれました。細長いウナギの寝床ならぬウナギの宴会場の出来上がりです。



ここでまったり時間を過ごした後、夕食も頂き夜は更けて行ったのでありました。



夕食メニューは、山菜の天ぷら(ウド、こごみ、ヒラタケ、ふきのとうとチリメンジャコのかき揚げ、コシアブラ、竹輪等)、五目寿司、ゆで鶏のサラダ、生揚げのサラダ、ウドのきんぴら、ふきのとうの軸のきんぴら、漬物各種をお腹いっぱい美味しくいただきました。



6/4)
4時起床、雨は止んでいたが、また降りだしそうな雰囲気にテンションが下がります。
暖かい天ぷらうどんと昨夜の残り物プラスふきのとうの酢味噌和えで朝食を済ませます。

予定していた黒禿山登山は展望も望めないだろうと言うことで、行き先を山古志のワラビ採りに変更して出発する。

samちゃんの案内で山古志の山奥にある牧場跡に到着し、早速ワラビ採りを開始です。



ワラビは1番手が終わって、2番手位の感じかな。。。。それでも、短時間でどっさり採れて大満足。。。。。採れたぞ〜で、次なる目的地の蓬平にある高龍神社(有名な神社のようです。)へ向かいます。

高龍神社前で地元のsamちゃんとはここでお別れ。。。。。
我らはお参りと見学のため、急階段を登って行きます。
神社をお参りして『人生の中で健康がすべてではないが、健康を失うと人生のすべてを失う』と書かれてあった文が特に心に残った。



お参りの後、直ぐ側にある福引屋でゆったり温泉に浸かったあと帰路に着く。
そして、赤城SAで昨夜、今朝の残り物でランチを済ませた後、車ごと解散となり帰路に着く。



今回は、思いがけない多量の残雪によって、採れない山菜等もあったが、逆にいつもはとうに食べごろが過ぎていて食べられなかった山菜等が採れたりしてまた違った味わい方が出来たのは良かったのではと個人的には思う。
周辺に咲く水芭蕉やニリンソウなども今までは、あることにも気が付かなかったがこれも残雪のおかげで見られたのだと思うと3月のドカ雪に感謝かな。。。。。
黒禿山は来年に繰り越しです。

関連記録 NET山岳会“HALU”るりびたきさんの記録へ




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

金運の神様だった。。。。
知っていたら、もう少ししっかりお参りしていたのに。。。。。
残念!

mikko  (2017/06/08 20:32:00) [コメント削除]

こうりょう様
と、地元では呼んでます。↓
https://economic-fortune.com/spiritual-places/niigata_kouryujinjya_01/

mt-sam  (2017/06/08 13:15:05) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。