フランス厨房 ル パスポート

 
2020/08/09 6:33:00|その他
サルナシの実・・湘南フレンチ奮闘記・・
山のサルナシの実が大きくなってきた
サルナシはキウイフルーツの原種と言われ、山野に自生している
キウイと同じく雌雄別種で、実が付くメスは三割ほど、ましては採取できる条件下の木は、いたって少なく急な斜面や沢筋に多く自生している
 
毎年果実酒用には、まだ実が硬い8月末から9月半ばまでが採取時期
果肉を使うには10月まで待たなくてはならない
 
完熟した果肉は、市販のキウイフルーツに引けをとらず、むしろ美味しい位だ
そのサルナシの採取時期が迫ってきたが、今年の長梅雨と豪雨の影響で、7月は山での作業がほとんど出来ず、食材の採取の欠品がある
 
これから挽回・・といっても自然の物は待ってはくれず、もう次に採取する獲物が出てきている
 
植物の成長も例年よりも早く感じ、温暖化の影響もあるのだろうが、前倒しになりツルニンジンなどは、花芽が大きくなっている
例年よりも一週間は早いだろうか
 
お盆が過ぎれば山は秋の気配が迫り、キノコや木の実などの採取に追われる事になる
う〜ん体がもう一つ、いや二つ欲しい・・
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。