フランス厨房 ル パスポート

 
2018/06/07 19:08:49|その他
ツルニンジン堀は宝くじ?・・湘南フレンチ奮闘記・・    

朝方雨はあがった、しかし山は雨で濡れている
まして山の土はタップリト水を含んでいて、シャベルで土を掘り起こすと、粘土になってしまう
 
気温は朝方はひんやりとしていて、斜面を登っていても、さほど暑くはなかったが、日が登った時点で一変、蒸し暑くなってしまった
 
それでも馬鹿は元気よく、ツルニンジンを追いかけている
昼ごろだろうか、茂みの中にツルニンジンの葉を見つけ、ツルをたどって地面まで下がると、なんと一か所から5本の弦が伸びていた
 
普通は一本で、二本あるとそこそこの大きさのニンジンが出る
今回は五本まとまっている
 
もし、一つのニンジンから五本出ていれば、間違いなく大物
ひょっとしたら一キロ級?ならば30万円の価値がある
だが、1キロ級ならば100年物、今まで探しても見つからなかった物
運が向いたかと、慎重に掘り出した
穴の大きさは何時もの3倍ほど、ニンジンをキズ物にしたら、価値が半減するからだ
 
20分ほどかけ、シャベルで土を起こしては、手で土を掻きだす
やっとニンジンの頭が確認でみたのだが、どうも様子が・・・
結果中ぐらいのニンジン、30年物が5本現れた
 
やはり100年物を掘り当てるのは、宝くじを当てるような物なのかもしれない
堀続ければ、何時かは当たる可能性もあるかも知れないが・・・
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。