フランス厨房 ル パスポート

 
2018/04/06 21:11:33|その他
気になる目(芽)の動き・・湘南フレンチ奮闘記・・

 
 
春が駆け足で野山を駆け巡っている
ついこの前梅が咲き、あっという間に桜が咲いて散ってしまった
 
気のせいか、今年は例年よりも春が、足早に通り過ぎているように感じられる
先日木曜日の山での事だが、八重桜の花の蕾を採取してきた
まだ2日ほど早くも感じたが、そうそう山ばかり入っているわけにもいかず、決行し、採取してきたが、それで正解!今日の風では蕾が強風で吹き飛ばされているだろうから・・
 
その山は里山に隣接していて、鹿などの獲物も取れるし、山菜や野草なども豊富な所
で、昔お茶畑があったらしく、種が林に飛び自生している所だ
 
その野生のお茶の木を確認して来たのだが、例年なら4月の終わりの頃、木の先端に小さな新芽が出、連休の終わりのころに成長し、摘み取りの最盛期を迎える
それが早くも新芽が出ているのだ
 
まだ小さい葉が二枚ほどだが、嫌に早い!
あと一週間もすれば、摘み取りが可能かもしれないが、そうなると忙しくなる
 
一週間後位では、葉はまだ開ききってはいないので、摘み取り時間の割には収量が少ないが、その小さな葉で仕込んだ紅茶は、癖もなく品の良い紅茶になる
 
そう、野生の茶葉は発酵させて紅茶になる
茶葉を摘み取り、新聞紙の上に一晩広げ水分を飛ばす
葉はシオレ、しんなりする
それを板の上に少量乗せ、両の掌でこすり上げ、楊枝のようになるまで擦り合わせる
 
葉は繊維が壊され、透き通った青色になる
それをビニール袋に入れ、30度以上に加温してやれば、後は勝手に発酵を始める
茶色くなったら乾燥させれば、見慣れた黒い茶葉になる
 
その茶摘みの時期が来週なのか、もう少し後なのか気になる目、いや芽の動きだ・・・
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。