最終幕を目指して・・

私にとってレストランとは舞台だ!34年の営業に終止符を打って2年が過ぎた 今再開に向かってもがいている・・・
 
2019/07/29 11:00:00|その他
慣れと言うのは恐ろしい・・湘南フレンチ奮闘記・・
私は自称山男と名乗っている
だが、山で会う男たちは言う
山男なら、蛇くらい素手で捕まえ皮をむいて焼いて食う、それくらい出来なければ山男ではない!と

だが嫌いなものは嫌いで、蛇が大嫌いなのだ
ヤマビルも嫌だ、以前は足元に見つけただけで逃げ出し、しばらくはその場所には足を踏み入れない

だが、最近の私はどうしたことか、さほど騒がなくなった
決してヒルが好きと言う訳ではないが、あきらめもあるのだろうが、騒がなくなったのだ

山に入れば必ず数匹から十匹に噛まれ、血をダラダラと流す羽目になるのだが
それを気にしていたら山には入れず、ましては採取作業などは出来ないからだ

今では食いついたヒルを指で強引に引きはがし、腰の塩水スプレーで殺すだけの余裕ができた

そうなると結構冷静な判断ができ、食われる状況や部位などに気が回り始めた

主に草地では足から這い上がり、靴の中やズボンの中の太ももなどが狙われる
斜面にへばり付き作業をしていると、腕や手の指の間が狙われ
藪などをナイフで切り開き行軍すると、首筋が狙われる

毎回頸筋が噛まれるが、ここは吸いやすいのだろうか?
そういえば、ドラキュラも首に噛みつくが・・・

とにかく、慣れと言うのは恐ろしいもので、ヒル一匹にたかられてもギャアギャア騒いでいた私が、指でむしり取り殺してしまうのだから・・・





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。