うえきや蔵門★おきらく日記

おきらくに まあおきらくに おきらくに
 
2017/04/18 23:13:05|その他
関西ぽい!?
いろんな、イベントがめじろ押しで、
珍しくテンションが上がってる。
いつもは、どこか醒めた目で、傍観している自分がいるのに、
「♪どうせ、あほうなら、踊らにゃそんそん」モードにしっかり入ってしまった。

ま、人生なんて、キリがあるものなので、
「アホでええんちゃう?」
今日は関西の方と多めに話したので、思考も関西っぽい一日。
これはこれで、非常にし・ん・せ・ん!

《写真》神奈川県の西丹沢のふもと。
 







2017/04/12 21:59:46|その他
流れる
流されてみようと思ってる時は、余裕がある証拠で、

なんとなく流されてるかも、と感じる今は、ちょっと危ない。

我が身を、意思どおり動かそうなんて思わないし、それじゃあんまりつまらないから、

適当に、驚いたり、適当に、してやったり、
くらいな立ち位置に、もどさなきゃなあ。

《写真》収穫し遅れた紫大根の菜の花。もちろん、これも(蕾)、私の食料。







2017/04/02 18:14:50|その他
雨のアーケード
お酒を呑み始めた若いときから、
すっかり大人になった今でも、
ずっと、変わらず、
こういう雰囲気が一番しっくりくる人間なんだなあって
自分で撮った写真をみながら、しみじみ思いました。

好き嫌いとかだけじゃなくて、
そこに居場所がありそうな気がして、
ちょっとだけ呼吸が楽になります。

昭和な人間ってやつですかねえ。







2017/03/18 23:38:22|その他
恐怖の農道
電話で聞いた道順で、細い路地を入って行った。
住所をぐぐるほどのことじゃないと甘く見ていた。

ふとしたことから道を間違え、
気づくと、農道はダートに変わり、
2WDの軽トラが滑ってのぼれない傾斜に変わった。
樹は生い茂り頭上を覆い、
轍ぎりぎりの路肩は沢に切れ落ちている。
おまけにここ数日、夕方の雨が続いた。
落ち葉は濡れ、水溜りが足元をすくう。

「これはもう、あかん!」
諦めた時にはすでにUターンを許される場所はなく、
つるつる滑りながら、カーブをくねくねバックする道だけ残されていた。

「ここで、沢に車ごと落ちても、きっと誰にも気づいてもらえないよなあ〜。」
泣きべそをかき、震える足でバックすること数分。
どうにか舗装路にたどり着いた。
そこで、停めてあった軽トラのじいさんが一言。
「すごいなあ、あそこよく入っていくなあ」って思ってみてたんだよ。って。

ちょっと、ちょっと、言ってよ〜!先に、呼び止めてよ〜!
確実に寿命が縮んだ、一日でした。

《写真》目的は石釜ピザでした。







2017/03/09 18:30:04|その他
こわいこわい
きょうね〜。とっても怖いことがあったんよ。

少し前にTVでやってた崎陽軒のCM知ってるかなあ。
横浜のシウマイのCMだから、ローカルな人しか知らないかもしれないけど。
冷蔵庫開けたら、中にいる女の店員さんが「今夜はシウマイですよ〜。」みたいにいうやつ。それをみた、主婦があわてて冷蔵庫の扉を閉めて「なになに、これ?」って顔するの。

長くなりましたが、まさにこの主婦の顔になっていました、わたし。

一人の現場は、退屈だから休憩時間用にタブレットを持ってくんですよ。(スマホないない人のため)
お昼にタブレットのカバー(←白くてまさに冷蔵庫っぽいカバーを装着中)をあけてみたら、画面がどわーっと暴走して、フェイスブックで誰かがアップした画像とかがばらばら出てきて、とーってもびっくりして、ふたを慌てて閉めました。「なになに、これ?」

「セキュリティソフト一応、入ってるのに、ウイルスかあ?のっとられたのかあ?」少し、心を落ち着かせ、恐る恐るフタをあけても、タブレット内大運動会は続いていて、電源も切れないし、恐怖のどん底でした。
なんとか、無理やり、電源を落として、帰宅してから見てみたら、何事もなかったかのように、「しれ〜っ」と動いている。
いまだ、原因はわからないままだけど。なんだったんだ、いったい。

あの現場、実は、前にもへんなことがありました。
頭上に木とかまったくない場所で、除草してたら、まさに投げつけられたかのように毛虫が落ちてぶつかってきた・・・、そうその現場だったんです。
明日も行くんだけどね、こわいなあ〜。

《写真》その現場、野鳥観察し放題。モズ飛びまくりの午後。







[ 1 - 5 件 / 451 件中 ] 次の5件 >>