平塚がホームのクマとオサル

生まれた時から平塚で、なんとな〜く生きているクマと、そのクマと結婚してしまってから、遊び人として生きているオサルのブログ 1994年からベルマーレ平塚を見るようになり、1996年に初めて平塚競技場で生観戦。2000年よりシーズンチケットを嫁さんと二人分買うようになる。
 
2019/04/22 14:08:23|サッカー(観戦記2019年)
2019年04月19日 J1リーグ第08節 アウェー 川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ
くま

今日は2019年04月19日金曜日。J1リーグ第8節アウェーで川崎フロンターレ戦の日です。

平日のこの時間じゃあ、まず観れんわ。
会社から急いで帰っても、まぁ後半10分から15分過ぎぐらいだろうね。
おいちゃん、平日開催はダメなんだよ。ホームだったら会社を休んゃうんだけどねぇ

で、もひとつ、嫁さんがねアウェーのライブ配信(TV)観戦を絶対にしません。
おいちゃんが見ていると、怒りながら寝室へ籠もってしまいます。
なんかのゲン担ぎなのか、観戦がすると嫁さんがうるさいからなのか…う〜ん、謎だ

この日もPCで夕飯食いながら残り時間を観戦しようとしたら、夕飯途中の嫁さんが
怒りながら寝室へ行ってしまったので、慌ててPC止めて、嫁さんに夕飯を食わせましたよ
(飯を食わせないと狂暴化するもので…)

てなわけで、結局試合を見たのは、日曜日の昼間。
日曜日は持病の憩室炎が明け方から出ちゃって、薬飲んでウンウン唸っておりました。
結局、憩室炎の痛みがほどほどに収まったのは18時頃でした。

う〜ん、選挙に行かなかったよ…


そんなわけで、さらっとね


試合結果は、0−2で敗戦


前半15〜20分あたりまではまだよかったんだけど
なんちゅうか、前半は川崎の41:家永 昭博 選手と10:大島 僚太 選手が抑えられなかった…
ほんとに起点を潰すって大事だよね。

始まってすぐに、タケ(武富 孝介 選手)が痛んで交代が痛かったかなぁ
攻撃のパターンが減ったように感じたよ

代わりに入った寛斗(中川 寛斗 選手)が悪いってわけじゃなくて
タケの持っている攻撃パターンがこの試合に合っていたのではないかなぁと愚考するのですよ

しっかし、川崎は皆上手いねぇ

パスも、シュートも、オフェンス・ディフェンスの形(?なんて表現すればよいのかなぁ)も
切替の速さも(これは結構湘南も良い感じかな)
湘南より上手いわ
ほんのちょっとの差なんだろうけど、そのちょっとがねぇ…

ずいぶんと湘南のパスをがインターセプトされてしまっておりました
読みの良さなのでしょうかねぇ

やはり、J1リーグを2017年、2018年と連覇しているチームはダテじゃないってこってすな


今回は、2010年に広島や浦和、F東京に味わった「差」とはまた違った「差」を感じてしまったよ。

まぁ、次だ!次!!

やっていることは間違っていないと思うし
惜しかったなぁと思える場面もあったし
もうちょっとだ!

湘南みたいな市民クラブは
カメのように遅くとも
一歩一歩確実に
積み上げていかなきゃね!


湘南の若衆たちよ
今回の悔しさをバネにして
さらに大きくなっておくれよ


さて次はルヴァンカップのグループステージ第4節
アウェーで横浜Fマリノス戦

楽しみだなぁ
(楽しみだけど、LIVE配信は観られんなぁ…)

 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。