金子修一 平塚市議会議員

 
2018/10/18 7:33:18|政策
市債は累計1087億円
 平塚市の2017年度決算が9月26日と27日、市議会の決算特別委員

会で審査されました。

 全会計あわせた決算額は歳入約1670億2千万円に対し歳出1612

億8千万円でした。市債(借入金)の現在高は18年5月31日時点て約

1087億9千万円(うち一般会計約540億4千万円)、市民一人あた

りに換算すると約42万3千円の借金となります。


 
決算書から読む課題

◎財団への補助金

 私は決算特別委員会に委員として出席し、平塚市まちづくり財団への補

助金4415万円について質問しました。同財団は市が100%出資する

公益法人で、市役所の退職言11人が理事長と職員として再就職、市幹部

OBの天下り先でもあります。

 事業は、駅周辺の市営駐車場や駐輪場をはじめ、総合公園の一部で管理

運営を委託され、それら収益を市のスポーツ・文化振興に充てています。

 同財団は昨年、2億7460万円の費用で「自社ビル」を見附町に新築

しました。土地建物を所有する余力があるのであれば、補助金額の削減も

検討すべきと、私は議会で提言しています。


 
◎ふるさと納税

 市は17年度、2100万円の寄付金を受け入れましたが、市外へふるさ

と納税した市民の税控除額は2億2881万円で市外への寄付額が上回り


ました。平塚らしく魅力的な返礼品へ見直しを続ける努力も必要です。

 
◎病院会計

 16年に新館オープンした市民病院は、127億8千万円以上の医業経費

に対し、南棟解体工事などの影響で患者数が減少したとして、21億6千

万円を超える赤字決算を報告しました。17年3月策定の将来構想で示し

た収支計画が初年度から達成できませんでした。


 
 このように決算からも市の課題が見えてきます。将来世代の負担を大き

くしないよう、無駄なく効果的な税の使い方を考えていくことが重要で

す。


 
金 子  修 一

平塚市議会 議員(5期)
ひらつか市民ファーストの会 代表
第49代市議会議長
立野町・追分町内会 会長
市議会・ひらつか自民クラブ 団長
〒254-0046 平塚市立野町34-17
TEL.FAX 34-8300
ホームページ金子修一平塚市議会議員 検索