かもめ整骨院 平塚 -交通事故・各種保険取り扱い-

当院は各種健康保険適用 ・労災保険・交通事故の自賠責保険・生活保護・学校安全会指定医療機関です。
 
2007/07/22 13:08:37|Q&A
Q&A
コンテンツ

【TOP PAGE】  【院内の風景】  【Q&A】  【アクセス】  【アキュースコープ】

【交通事故にあわれたら】  【スポーツ障害】  【求人案内】   



整骨院・接骨院を利用した事がない方の中には、
『どんな時に行ったらよいの?』
『どんな治療をするの?』
『怖くはないのかしら?』

様々な疑問を持っておられる方も多いようです。
日頃受ける事の多い質問事項をQ&A形式でまとめてみました。


Q. 整骨院・接骨院ってどういうところ??

A.整骨院・接骨院では日常生活、スポーツ活動などによって発生した骨や筋肉、関節などの運動器系のケガに対して、柔道整復師が手技療法や物理療法を用いて治療を行っています。


Q.「柔道整復師」って?

A.聞き慣れないかもしれませんが接骨院の先生方の法律で認められた身分の正式名称を言います。医師、歯科医師などと同じく、保険を扱って独立開業ができる医療系の国家資格です。


Q. どうして柔道なの?

A.古来からの日本の武術「柔術」には、敵を倒す為の「殺法」と負傷者を助ける為の「活法」の表裏がありました。その「活法」の技術を継承し、現代医学を取り入れながら発展してきたのが柔道整復術なのです。人間の持つ自然治癒力を最大限に生かし、薬や手術に頼らない医療として多くの人から親しまれています。


Q. 健康保険証は使えますか?

A.病院と同様に健康保険証を使って治療を受けることができます。病院との相違点ですが、整骨院・接骨院の保険は受領委任制という方式を取っています。保険負担分を接骨院へ支払うことに同意していただく必要がある為に、申請書にサインをしてもらう仕組みになっています。


Q. 整骨院・接骨院ではどういう痛みに対応してもらえますか?

A.急性の外傷である骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れの他、亜急性の外傷を取り扱います。
亜急性の外傷とは、例えば日常生活やスポーツなどで筋肉や関節に連続したストレス(外力)が及んで発症したケガ(痛み)をいいます。本人の訴える症状が凝り、違和感、不快感であった場合でも、その根本原因はストレス(外力)にある事が多いものです。この様に接骨院では運動器系の愁訴に対して痛み以外の症状に幅広く対応が可能です。



Q. 具体的な治療の内容を教えて下さい。

A.おおよそ以下のような流れになります。
■受付 最初に保険証を提示して下さい。より正確な情報を把握する為に問診表にご記入頂きます。できるだけ正しくご記入下さい。

■診察 問診、視診、触診、検査(整形外科的な徒手検査、関節可動域の測定、腱反射や知覚異常の確認等)により正確な病態把握を行います。

■ご説明 拝診結果のご説明、施すべく治療の内容、今後の見通しなどを十分かつ分りやすくインフォームドコンセントさせていただきます。この時点で不適応、あるいは医師の診察が必要と判断された場合には、ふさわしい医療機関をご紹介いたします。

■整復 骨折や脱臼など解剖学的に変位のある場合は正常にな位置に戻します。

■物理療法 低周波などの物理的エネルギーを使った治療を行います。

■手技療法 患部の症状や状態に合わせた手技を用います。鎮痛、消炎、筋緊張や関節拘縮の緩和、血行の促進などが主な目的となります。

■運動療法 筋・骨格系の生理的機能を向上させる目的で行います。結果として円滑な関節運動、関節可動域の拡大、筋力増強などが期待できます。

■固定 患部に固定をすることによって痛みや腫れを緩和させ治癒を促進させます。

■生活指導 回復へ向けて留意すべき事項などを指導させていただきます。

※患部の状態によって順番が前後したり省略されたりする事もあります。



Q. 交通事故でも診てもらえますか?

A.もちろん問題なく施術を受けられます。ただし、原則として交通事故による負傷は自動車賠償責任保険の取り扱いになり健康保険は使えません。特殊なケースとしてひき逃げや、加害者に支払能力がない場合には一般健康保険を使う場合もあります。
他医療機関からのリハビリの為の転院も可能です。どうぞ接骨院で安心して治療を受けて下さい。

★患者さんは治療する医療機関を自由に選択できる権利を持っています。



Q. 労災や通勤災害、業務災害でも治療を受ける事が出来ますか?

A.就労中におけるケガや通勤途中のケガは労働災害保険、業務災害の対象として治療を受ける事ができます。
★接骨院、は労災保険の取り扱い機関に認定されています。専用の用紙をご用意しますので会社の担当の方にその旨をお伝え下さい。



Q. 医療助成の対象にはなりますか?

A.もちろんです。生活保護及び医療福祉、助成(医療扶助、特別老人、乳幼児、心身障害者医療、母子・父子家庭医療等)に該当される方は所定の用紙をご提示下さい。


Q. 各種の証明書は発行していただけますか?

A.傷害、災害、生活保護及び医療福祉、各共済制度共済金、学校安全会、PTA互助会その他、提出証明書の発行、並びに診断証明書の必要な方はお申し付け下さい。

Q. テーピングは巻いてもらえますか?

A.各種のテーピングは痛みや運動機能の改善、日常生活への早期復帰が期待できます。遠慮なくお申し出ください。

Q. すべて保険でまかなってくれるのですか?

A.一般の病院と同じように証明書、保険外の衛生材料費などは自己負担となります。
整骨院・接骨院の受付や待合室にその旨の料金体系が明記れていますので、疑問な時はお気軽にお尋ね下さい。



Q. 連日の作業の後に痛みが出て治療を受けたいのですが保険が利きますか?

A.整骨院・接骨院の健康保険は、ケガによる痛みを対象に健康保険が使えるようになっていて、痛みを引き起こした原因がなければ保険診療が受けられないシステムになっています。
このケースの場合ですが、作業中に何らかの形で身体にストレス(静的、動的外力)を受け、その結果で痛みが発症したと考えられます。問題なく保険診療の対象になりますので安心してご来院下さい。


★いつ、何処で、何をして痛めたかを詳細にお話し下さい。

Q. 病院で年のせいで変形していると言われたのですが保険が利きますか?

A.変形性の関節症を起こしやすいを膝関節を例にとると、変形が進行すると次第に筋力が低下し、関節の可動範囲が狭くなります。このように脆弱化した関節は、若い頃では考えられないほんの些細な動作で痛みを引き起こす事が珍しくありません。
年齢的な変形があっても、なにがしかのストレス(静的、動的外力)が認められたものに対しては保険の適用対象となります。

★何がきっかけで痛くなったのかを思い出して下さい。



Q. 治療は痛くないですか、怖くありませんか?

A.整骨院・接骨院の治療というと怖くて痛いというイメージがあるようですが、決してそんなことはありません。心配でしたら事前にその旨を伝えて下さい。

Q. ケガをしたときには冷やすのですか?それとも温めるのですか?

A.基本的には「ズキズキ痛む場合は冷やし、鈍痛のような重たいような痛みは温める」、この考えで良いかと思います。




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

酸素カプセルの料金を教えて下さい
お天気痛
うつ病です

鈴木  (2017/09/11 17:12:30) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。