★ ≪トキメ気≫の[iBOX] ★ [男と女の風景] (短編小説集)

これは、大人のラブストーリーです。 我が人生に、夢よ! もう一度・・!  いつまでも、恋も愛も、いっぱい欲しい。 そんなバーチャル・ラブを、どうぞ・・。 
 
2015/04/16|その他
≪ どこから、どこへ ≫ 男と女の風景 78


                  2015年4月16日(木


   我が家のベランダ・ガーデン

   ○春を告げる新芽 ○  

 今回は、今日から始まる≪二宮・山野草会≫の展示会に出品する2点、他です。
 実は、≪写真・中・座禅草≫を、出品したかったのですが・・。
 でも、これは今年の春に買ってきたばかりであり、植え替えたとは言え、少々、倫理規定に反すると思い、来年に延期しました。
 
  ≪チゴユリ(黄中透縞斑)≫
 ご覧のように、緑の葉に薄い黄色の斑が入っています。
 そして、その先端になんと、地味な白い花が咲いています。まだ早春で、三月末に新芽が出て、すくすくと育ったと思ったら、開花したのです。
 チョッとひ弱で、痛々しく、それがまた可憐に見えますね。
 
   ≪写真・中・南国ウラシマ草≫
 名前は多分、浦島太郎から来たと思いますが、中央に見える黒いのが、花です。
 写真では見ずらいのですが、外側の黒いこも被りの花弁の中から、黒いムチのような紐が上に伸びて、垂れてきています。
 これは全長が30センチぐらいですが、ここがユニークですね。
 しかも面白いのが、鉢の角度を変えると、10分ほどで太陽の方向に向きを変えるのです。
 その後、聞いた話では、このムチのように出ているのが、釣り竿で、そこから浦島草と名がついたそうです。

 
  ≪ハスバシダ≫
 ご覧の通り、ハスの葉に似ています。葉の大きさは2センチ程です。
 薄い黄緑の葉が、今年の春に出てきた新芽です。
 こんな緑も、どこかホッと癒されて、なかなかにいいと思いませんか。
 
≪お詫び≫

 ≪写真・中≫を当初、座禅草と書きましたが、私の思い込みで、間違っていました。
 本日4月16日(木)12時に訂正しました。

 もうすでに9人の読者がおられましたが、お詫びいたします。
                       橘川  拝
 

 
                   男と女の風景 78
                   ― つづき・2 ―


  ○ どこから、どこへ ○
 
 祥子は、駅に近いオーパの裏まで来ると、またコンビニで缶ビールを買った。
 今夜は、もう何回目の飲み直しかは覚えていないけど、最期はキューッといい気分で打ち上げたかった。
――ああ、あんなパパ、忘れたいよ。
  だって、失礼でしょ。
  私のお客様を怒鳴って、追い返すなんて・・。
 二人は藤沢駅で来ると、タクシーの待ち行列がかなり長いので、乗るのを諦めた。
 仕方なく、JRの線路に沿って歩いたが、かなり長い時間がかかった。

「周平さん、色々と迷惑をかけてすみません」
「いやぁ、気にしなくていいよ。オレはさぁ、ずっと一人暮らしだったんだ。だから、誰かに声をかけられたり、プライベートで一緒に飲むなんて、なかったの・・」
「そうですか。一人ぼっちだったんだ」
「そう。だから本音はね、飲み屋で祥子に絡まれて、嬉しかったんだ」
「やっぱりそうだったのか。よかった」
 
 暗い路地の奥にあるアパートに着いて、ドアを開けた。
 電気をつけると、真っ先に目に飛び込んできたのは、靴が雑然とした狭い玄関だった。
 見ればその先に木の床があって、そろりと入れば六畳間があり、壁には色んな服がかかっていた。
 部屋の奥には、二つに折り畳んだ布団があった。
 振り向くと、汚れた流し台があり、その向こうには、どうもトイレと風呂が兼用のドアがあった。
 小さなテーブルを挟んで座ると、買ってきた缶ビールでまた乾杯した。
「周平さんは、結婚はしないんですか・・」
「なにを、言ってるの。バイトの給料で、生きていくのがやっとだよ。だから、女性をデートに誘っても、食事代がないのよ」
「そうかぁ」
「だからさぁ、女性を口説くなんて、そんな資格はないの」
「なるほど、ギリギリなんだね」
「でもさぁ、それが普通だって腹をくくれば、独身のほうが気楽なんだよね」
「そうか。私も仕事で給料がもらえるから、独り暮らしができるかもね。ねぇ、周平さん、ここの家賃、いくらですか」
「6万、だよ」
「じゃあ、私、半分出しますから、同居してもいいですか」
「えっ・・、まぁ、いいけどさぁ」
――なんだよ。この女転がり込むのかよ。
  それはいいけど、女って、気を使うからな。
「あと、電気とか水道が、1万かな」
「じゃあね、私、4万出しますよ。その他は折半で・・」
「あぁぁ、いや、3万でいいよ。まぁ、それでも生活費に余裕が出来るから、まぁ、嬉しいかな」
「私は、あんなイヤなパパから開放されるし」
「そうか。お互いに結果はいいんだ」
「その内、私の私物や寝袋を、家から取ってきますから・・」
――ああ、私を騙した男より、修ちゃんの方が、よっぽどいいよ。
  だって、ウソがないもの・・。
  正直、狭くて汚い部屋だけど、さ。
でも、生きていくスペースがあればいいのよ。
  だって、幸せなんだもの・・。
 
 翌日の日曜日は、二人でスーパーに買い出しに行った。
 一週間分の食料品もあったが、洗剤や消臭剤も買い込んだ。部屋には、どこからともなくカビや変な臭みが漂ってきて、気になったのだ。
 祥子はアパートに帰ると、鴨居にかかった冬物のジャンパーやシャツを、チェックしながらはずした。
 それから、シーツやカーテンなど、洗える物はどんどん洗濯機に放り込んだ。
 三度も洗うと、その分量が多くて干し場がなくなった。
 周平は急いで、100均で買ったと言う金槌で、鴨居に釘を打ってロープを張った。
 祥子には、そんな光景は初めてだから、見ていても楽しかった。
――そうか。生活するって、こういうことなんだね。
  主婦とは言えないけど、結婚すると、こうなるのかも。
  そうか。今までは、恵まれ過ぎていたのか。
 それから、押入れの上段に突っかい棒を取り付けてもらうと、背広やコートをハンガーで吊るしてもらった。
 お陰で、壁はくすんでいたが、吊るし物がなくなった分だけ、部屋が広く感じられた。
 
「周平さん、お昼はラーメンでしたっけ」
「そうだね。食べたかったサッポロのナマ味噌、あれにしようよ」
 祥子は、お湯を入れるだけのカップラーメンは食べたが、家で作るナマのラーメンは初めてだった。
 それで、好みもあるのかと、周平に茹で時間などを指導をしてもらいながら、二人前を作った。
 周平のリクエストがあったキャベツや細切れの豚肉も入れたし、出来上がりの寸前で卵も投入した。
 祥子は、母親の作った食事や外食ばかりだったから、自分で調理をするだけでも新鮮だった。
「ああ、美味しいね。材料もいいけど、自分で手作りした料理って、また格別よね」
「うん。オレもナマは久々だな」
「なんか、ママゴトみたいだけど、さ。こういう生活って、勉強になるね」
 午前中から動いたせいか、祥子は珍しく完食した。
 それから、さらに休みなく洗濯をして、合い間に玄関やトイレの掃除に没頭した。
 祥子には、見た目で雑然とした状態や、不潔感があるのは、嫌だった。
 そんな働きぶりに、周平は目を見張った。
――そうか。へぇー、ボロだった部屋が、見違えるようだね。
  見慣れた風景も、違った目で見れば、許されないんだ。
 周平は、部屋や玄関を見回して、感慨深げだった。
――ああ、男の暮らしって適当だけど、まぁ、少しは直さないとな。
  いやぁ、新しい部屋、新しい生活だよ。
  なんか、ワクワクするなぁ。
 
 次の月曜日、テレビ局からの封書が届いた。
 祥子は、それをテーブルの上に置いて、夕方、クラブに出勤した。
 すれ違いで、夜に帰ってきた周平は、それを見て胸が躍った。実は、≪会わせ屋≫というテレビ番組に応募していて、その返事が来たのだ。
 指定された金曜日の午前10時に、バイトに休みをもらって、テレビ局に出向いた。
 何人かの応募者がいて、それぞれの会いたい人や理由を聞かれて、午後からの一時審査での注意点が話された。
 周平の出番が来て、日ごろ感じていた持論を述べた。
「私は、≪赤ちゃんポスト≫に預けられて、それ以来、自分の出生も、親の顔も知らないまま、40才を迎えます。それを不幸な運命と片付けてもいいんですが、子供にとっては親を知らないのは不条理だと思います。僕だって、知る権利があるはずです。この番組で、自分のルーツ、自分の存在意義を確かめたいんです」
「まぁ、その主張は、判りますよ」
 女性の審査員は、とりあえず肯定的な反応をしてくれた。
「でも多分、親には事情があって、そうせざるを得なかったことを、僕は咎めません.粛々と受け止めて、これからの自分を考えたいんです」
「そんなのが、動機なの」
「ええ。20年間、世間の片隅で細々とバイトをして生きてきました。40歳になった今、20代の素敵な恋人が現れました。でも僕の人生で、初めてです。だから、その人にも僕を知って欲しいから・・」
「それって、ドラマ的な展開が期待できませんよね」
「それはテレビ的ではないから、視聴率が稼げないと言う意味ですか」
「あっ、いや・・」
 若い審査員は、慌てて否定した。
「皆さんには、自分の出生を知らない自分、その切ない思いを判って戴きたい。心の奥底に、ブラックホールがあるんです。多分、探偵社の調査費用は、自分では出せない金額でしょうから・・、是非ともお願いします。自分が今、ここにいる、その存在証明を・・、ええ、私は、本名だけでも知りたいんです」
 周平は、心の奥底から知りたいと願っていた。
 普段の日常では忘れているけど、ふとした時に、いつも出生の秘密を想像してきたからだ。
 周平は、改めて審査員たちの目を見た。皆が真剣に聞いてくれて、だからこそ必死に訴えた。
「≪赤ちゃんポスト≫には、100人ぐらいと聞いています。でも全国には何千、何万の人がいることでしょう。僕は、その人たちのためにも、ここは頑張りたいんです」
「なにを頑張るの」
「ええ、幼児の頃は仕方がないとしても、成人になったら知る権利があると思います。だから、テレビの力で国や国民に訴えて欲しいのです。経済的に調査が困難な人に、本人が希望するなら、不条理からの精神的な開放をです」
「おお、一理はありますね」
「この番組は、そんなキャンペーンを張って欲しいんです。もしかして、僕の発言は、カットされるかもしれません。でも僕は、ディレクターとテレビ局に、ルーツを知る権利を、心から切実に訴えたいのです」
 
 その放送日に、祥子はお店を休んで、二人でテレビの前に陣取った。
 番組が進んで、いよいよドアが開けられる時、心臓が高鳴った。進行役が勢い良くドアを開けた。
 だが、ドアの向こうには母の姿がなかった。
 そこに添えられた手紙には、こうしたためられてあった。
≪  匿名 希望
 ごめんなさい。あなたには、ただ謝るしかありません。
 立派に成長してくれたことが、なによりも嬉しいです。
 あなたの本名は、滝田周平です。出身は広島です。
 ああ、ごめんなさい。私は今、七十才で、しかも末期ガンで入院中です。
 余命二ヶ月と宣告されて、もう三ヶ月を過ぎました。
 あなたに負担をかけたくないので、会いたいですが会えません。
 許して下さい。
 もし、テレビであなたの姿が見られたら、冥土の土産にします。
                         かしこ」
「滝田周平さん、どうですか」
「はい。私は、心の底から嬉しいです。この手紙を胸にしっかりと抱いて、生きていきます。本名も出身地も判りました。是非とも会いたいですが、これ以上は望みません」
「いやぁ、沈着冷静ですね」
「ただ、ここまで生きてきた私を、母がこのテレビで見てもらえれば、人知れず頑張った私を判ってくれることでしょう。こんなボツになるような生意気な私に、チャンスを下さった番組の皆さんに感謝します」
 その時になって、周平は両手を握り締めると、涙をボロボロッと流して、毅然と立ち尽くした。
「お母さん有難う。番組の皆さん、有難うございます」 
 周平は涙ながらにそう言うと、頭を深々と下げたまま、しばらくの間、動かなかった。
 
 祥子は、テレビを見ながら、一緒に涙を流していた。
「周平さん、孤児院を出た人のルーツを知る権利、そのキャンペーンを訴えたなんて、素晴らしいです。私、その発想を、尊敬します」
「判ってくれて、有難う」
 周平は握手を求めてきて、祥子はそれに応えた。
――でも私、父を拒絶するようになったのは、なぜかな。
  へそ曲がりになって、偏屈になったのよ。
  昔は遊園地にも行ったし、中学の入学式にも来てくれた。
  あっ、でも、高校の時は嬉しくなかってた。
  なぜかな。そうなった原点がなにかよ。
  今の私はどこから来て、どこへ行くのかな・・。
 
「ああ、修平さん素晴らしい。私改めて、尊敬します」
 祥子は、いきなり飛びつくと、首っ丈になって、首筋にキスをした。
 周平には熱いキスよりも、それが長く続いて、ムラムラする気持が湧いた。
 思わず、奥に畳んだ布団の上に倒れこむと、周平から唇にキスを求めて行った。祥子は両手で受け止めると、周平をむさぼった。
 ディープに絡ませながら、右手で祥子の胸を揉んだ。
――ああ、これがオッパイなんだ。
  この軟らかさ・・、でも強い弾力、もしかして母の乳かも・・。
 周平はキスを外すと、ヒザで立って、ゆっくりと祥子のブラウスのボタンを外していった。祥子は、目をつぶったまま任せていた。
 周平は焦ってはいけないと思いながら、全部外した。すると祥子は、身を伸び上がって、自分でブラウスを脱いだ。
 そして、なんと身を反らして、背中のブラのホックを外した。そして、ゆっくりと手を抜いて脱いだ。
――なんと言うことだ。
  祥子が、自分から裸になろうとしてるよ。
 周平は、まるで儀式のように、両手で摘むと厳かに摘み上げた。
 手の平の中には、祥子の豊満なバストがあった。
――ああ、夢にまで見た女のオッパイだよ。
  乳飲み子の時に、出会って、しゃぶったかも知れないオッパイだ。
  拝むだけでも、最高なのに・・。
 それから周平は、そっと乳首に口付けした。
――ああ、この感触かぁ。
  えっ、硬くなっていくよ。
  エエッ、もうかなり硬い。
 周平は乳首を嘗め回して、さらに歯を立てて軽く噛んだ。「ウッ」と、祥子が反応した。
 周平はそれに驚いて、今度は両方の指先で乳首を転がした。どちらも硬くなって、やがて祥子が吐息を漏らし始めた。
――ああ、女って、乳首で感じるんだ。
  でも、適度な刺激でないとな。
 周平は左手で乳房を掴むと、感触を確かめながら揉み続けた。
 一気に燃え上がった祥子は、羽根上げると、立ち居地を変えた。周平を押し倒すと、いきなり周平の坊やを手で抑えた。
そっと手を滑らせると、瞬く間に勃起してきた。
 祥子はファスナーを下ろして、坊やを引っ張り出した。片手で握ったまま、一方の手の平で亀頭を擦り回した。
「ああ・・、ダメだよ。行っちゃうよ」
 周平は、背中を突っ張って仰け反った。目をギュッとつぶったまま、独り悶えていた。
 だが祥子は、そんな様子を悠然と見ながら、子供をあやすように楽しんで止
めなかった。
 いざとなったら、男はやり手の女には勝てないのだ。
 祥子は、急いでティシュを何枚も引っ張り出して、あてがった。
「アッ、ァァ,行く・・」
 周平は断末魔の声を上げて、仰け反ると行き果てた。
 両手で受け止めた祥子は、手やあちらこちらを拭いていた。
――ああ、なんだ。この筒抜けの開放感は・・。
  自分でやるよりも、段違いだな。
  いかにも、イッターって感じだよ。たまんないね。
  でも、自分から仕掛けたんだよね。
  オレって,こんなに勇気があったんだ・・。
  それとも、欲望に飢えていたのかな。
 
「あっ、そうだ。周平さん、今のバイトを止めて、手に職を持ったらどうですかね」
「エッ、どういうこと」
「そうですね。例えば大工さんとか・・、料理人、そう和食とか焼き鳥屋とかね」
「そうか。新規やり直しか。でも、そのほうが安定して、長持ちするかもね」
「あっ、もしそうなら・・、クラブのお客さんに、焼き鳥チェーンの社長がいるから、頼んでみようか」
 周平の目が輝きだして、祥子の言葉に希望を見ていた。
「私もそこで働いて、修行をするから・・」
「えっ、祥子も、今のクラブを辞めるの」
「ええ。だって、今は、修平さんと毎日、すれ違いなんだもん。一緒に働いて・・、そうだ、いつか二人でお店を出そうよ」
「おお、いいかも・・」
 周平は嬉しさが込み上げてきて、思わず祥子の手をまた握った。
――ああ、この人は観音様だ。
  オレを、泥沼から救ってくれる。
「ああ、オレにも希望が湧いてきたな。二人の店って、夢だよね」
「それを目標に、絶対に頑張ろうよ」
 
                        ― おしまい ―
 
 

 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

時計コピー
2019年春新作商品大好評中

★━┓+┏━┓☆。
┃★┣━┫●┣━┓*
┗━┫○┣━┫◎┃
┗━┛ ┗━☆
* + +*
ブランド靴の2019ブランド靴通販
評判第一、品質リリーフ最低価格保証
良い品質、低価格、評判最初の本当の写真
超N品フェンディフェンディの靴超N品
★最も人気のあるブランドの靴、ブランドの衣料品★
●随時、在庫情報を更新!
◆付属品の完全な!
◆100%、100%の品質保証!満足度を保証します!
◆全国送料無料
◆ご訪問、歓迎された顧客

時計コピー [WEB] (2019/02/27 8:10:53) [コメント削除]

スーパーコピーN級品バッグ財布時
★最高等級時計大量入荷!
▽◆▽世界の一流ブランド品N級の専門ショップ  ★
注文特恵中-新作入荷!
価格比較.送料無料!
◆主要取扱商品 バッグ、財布、腕時計、ベルト!
◆全国送料一律無料
◆オークション、楽天オークション、売店、卸売りと小売りの第一選択のブランドの店。
■信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。

スーパーコピーN級品バッグ財布時 [WEB] (2019/02/26 16:18:37) [コメント削除]

スーパーコピー ugg
限定SALE!
人気限定モデル!
全国無料店舗!
大得価セールス中!
正規品人気定番!
【新商品!】送料込☆セール!
新作大SALE☆【送料無料!】
※激安人気新品※
人気直営店、超激安!
超格安、送料無料,5☆大好評!
【新商品!】制作精巧!
新作極上本革バッグ!
【最新入荷】男女兼用
大売り出しSALE!
日本正規専門店,激安販売中!

スーパーコピー ugg [WEB] (2019/01/18 16:53:52) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。