ひらつかウオーキング協会の情報は gooのブログ goo/hwa0100 にて紹介しています。
 
[実施報告]3月5日(土)春の湘南海岸
○2017年3月5日(土) 春の湘南海岸
【参加人数】216名
 今回の集合場所は湘南海岸公園です。
 駅南口広場で受付を行い公園にて出発式です。200名強のウォーカーの皆さんが集まり、湘南海岸を歩いて春を探しました。
 出発式では、少しゆったりとストレッチを行い、団体歩行により海岸に出てひらつかピーチパークに向かいました。
 ボードの上を東へと進み、湘南大橋、柳島と一気に足を運び春の海岸の温かさを楽しみました。
 ここからはサイクリング道路です。サザンビーチを過ぎ、しばらく進むと茅ヶ崎駅入り 口となります。
茅ヶ崎で終える方はここから駅方面に進み、辻堂、江の島を目指す方は自由歩行にてサイクリング道路をさらに東に進みます。
 ヘッドランド(Tバー)の南には、烏帽子岩。右手前には江の島が見えますが、生憎の曇り空の上、花粉が飛んでおり、島の姿も小さくぼやけて見える状況です。
しばらく進んだところが辻堂海浜公園の西入口です。辻堂を終わる方はここから駅方面に向かいます。江ノ島水族館隣のクラゲ広場が本日の最終ゴールです。
 サイクリング道路も引地川で終わり、鵠沼公園、湘南海岸公園と続きます。海岸の砂の上では、ビーチバレー、ビーチテニスを行っており、大勢のプレーヤーと観客でにぎわっていました。
 ビーチテニスもすっかり日本にも根付き、多くの競技人口があるそうです。日本には、古くは羽子板があり、少し前にはバトミントンが盛んであり、テニスでは錦織選手が注目を集めています。もちろんバレーボール、ビーチバレーもファンが多く、これらの競技を組み合わせて、ビーチの上で行っているのがビーチテニスであり、まだまだ新しいスポーツと言えます。
 ゴールのクラゲ広場は、正式名か否かわかりませんが、通常の目線では変な模様のある広場しかありませんが、鳥の目で見るとクラゲに見えるそうです。
 12時過ぎには一番乗りの方が到着し、13時過ぎにはアンカーが到着しました。
 生憎の曇り空でしたが、暖かなこの日、海岸ウォークを楽しんだ一日となりました。

 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。