ひらつかウオーキング協会の情報は gooのブログ goo/hwa0100 にて紹介しています。
 
【実施報告】12月26日(土) 年忘れウォーク
○12月26日(土) 年忘れウォーク
川と山と海と
【参加人数】151名
 今年最後のウォークは、川と山と海の景色を見ようと、欲張った計画を立て、大勢の参加を頂き実施しました。
当協会にていつも使用させていただいている「桜ヶ丘公園」にて、大磯、平塚組と、光明寺で終わる組とに分かれて出発しました。
先ずは大磯平塚組です。花水川右岸をひたすら上ってゆき、金旭中の処で左折し、西部福祉会館を目指しました。
一方、光明寺組は、マイペースでゆっくりと川を遡ります。
光明寺は、水無川沿いにあるため、今回のテーマのうち、「川」のみを堪能していただいたことになります。
光明寺に到着し、解散してからは一目散にバスぬ向かう方、ゆったりと昼食を取りバスに乗る方と、それぞれの年忘れウォークを楽しんで頂きました。
大磯、平塚組は、これからが山場です。文字通り「山」越えのコースです。
西部福祉会館から、新幹線脇を通り、日向岡トンネルを抜け、大磯方面に進み、途中から山に入ってゆきました。
山を越えた後は、大磯運動公園の東側を通過し、城山公園まで一気に進んだのですが、福祉会館から城山公園までの距離が長く、遅い昼食となってしまいました。
公園で、平塚組と、大磯組とに分かれて再出発です。
大磯の駅に着くと電車は事故の影響で止まっており、大磯の予定だった方が急きょ平塚までに変更したり、また、大磯駅前の喫茶店で時間をつぶす方が出たりと、不満の残る大磯組でした。
平塚組は、大磯駅から地図通りに歩かなくても良い旨の説明をしたためか、近道をしようと道に迷う方だ何人も出てきました。
地図のコースは、海岸べりのサイクリングコースを平塚に向かうわけですが、何人もの方が海岸まで出ずに平塚方面に向かい、かえって道に迷ったようでした。
それでも大きなトラブルはなく、参加した皆さんも思い思いの年越しウォークを楽しんで頂けたかと思いました。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。