holy-knight     Senior Football

シニアのサッカー&フットサル Life   これは親父たちの熱い戦いの記録である
 
2020/07/19 17:18:00|その他
bT4 G.S.M(ブルーノ・ティエリー)
G.S.M (G.S.Mブルーノ・ティエリー)

54
イフランスのローヌのNVワイン??。2017年??  
フランス南東部の4大河川の一つ、ローヌ川流域で生産されるワイン。
北のリヨンから南のアヴィニョンまで南北に200kmぐらい、東西100kmに及ぶ広大なワイン産地。南北に長いローヌの気候は北部と南部で異なり土壌の違いも大きい。
北部はクリュ・セプタントリオナルと呼ばれ地中海の影響を受けない大陸性気候。
夏は暑く冬は寒い一日の中に気温差がある。土壌は花崗岩や堆積土で水捌けがよく急斜面が多い。
場所によっては機械作業が困難であるため手作業となる。
南部はクリュ・メリディオナルと呼ばれ、夏の雨が少なく日差しが強い。
地中海性気候でローヌ渓谷から吹き抜ける冷たい風=ミストラルがブドウの樹を湿気や病気から守ってくれると言われている。土壌は粘土や砂、石灰岩など多様で場所によってかなりの違いがある。AOCコート・デュ・ローヌ、今はAOPだと思うが南部が栽培面積も圧倒的広く、AOPの
80%も占める。北部のAOPは7〜8つ?、南部も9つ?かな。
北のシャトーグリエは別格の白ワイン。ここ1つでAOP。葡萄の種類も貴重かな??入手困難。
現在、管理?所有?はフランソワ・ピノー氏のシャトーラトゥール?(財団?投資?アルテミス)
南のタヴェルはロゼだけAOP。ヴィラージュは18村?後はAOPローヌが80%かな。
栽培している葡萄の品種も多い分ワインも多様と言ったところかな。一部陰干しブドウも使用。
今回のワインは北部の北にある有名なコート・ロティーで作られたヴァン・ド・フランス。
ブルーノ・ティエリーはサブ・ブランド名でこの地でワイン造りした優秀な人の名前らしい。
ワインのラベルに書いてある名前、G.S.Mは葡萄の品種の頭文字とか。
Gはグルナッシュ Sはシラー Mはムールヴェードル。
北部で有名なワインはコート・ロティー。エルミタージュ。別格のシャトーグリエ。
南部はシャトー・ヌフ・デュ・パプ。ジゴンダス。タヴェル。
個人の感想
ガーネット色。程よい酸味と果実の微かな甘味。ジューシーで複雑な味わい。
ラベルにインパクトがあり格安。たまにはローヌも・・・で・・・即買い800ぐらい。
さらに、爆買いして皆さんにプレゼント。コスパ的にいいでしょう。
シンプルさはすべてのエレガンスの鍵」とフランスの偉大なFデザイナーが言っていた。
またしても「シンプル」を連呼してしまった。
年を取ってくると生活もシンプルになってくる。スローライフの始まりでしょうか。
最近、アマゾン、楽天など利用で品物が増えていく。どこがシンプルなのかしら。断捨離か。
早く仕事を辞めたいが辞めさせてくれない。来年は半分ぐらいに減らすゾォ。解雇かぁ??
そうなると、多分、物も減るだろう。ワインは別ですけど。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。