holy-knight     Senior Football

シニアのサッカー&フットサル Life   これは親父たちの熱い戦いの記録である
 
2020/02/23 9:04:03|その他
bS9 Luberon Rouge 2016
Luberon Rouge   ( リュベロン・ルージュ )
 
49
フランスのコート・デュ・ローヌの2015年・2016年のワイン。
フランスの中央南部に位置し結構範囲が広いので場所によって気候もかなり違う。
大よそ北部と南部に分かれる。北部は大陸性気候で寒暖差が大きくぶどう畑は急斜面が多い。
南部は地中海性気候の影響を受け日照量の多い暑く雨の少ない地域。
高級ワインからテーブルワインまで多様なワインを産出している。
北部に8つ、南部に9つのAOCがあったと思う。(間違っているかも?)
一つだけAOCで別格扱いがあったかな??シャトー・グリエ。北部にある。
今回のこのワインはM.シャプティエ社(ミシェル?)のワイン。
ワイナリーは200年以上前から創業の歴史あるワイナリーかしら。
現在7代目かな??ミシェル・シャプティエ氏。家族経営によるワイン造りを手掛けている。
全ての畑が有機農法認証を受け、ビオディナミ農法を取り入れている。
テロワールやヴィンテージの個性を活かし、その年に収穫されたぶどうを最高のワインに仕上げる努力をしているようだ。
1996年から全てのワイン愛好家のためにワインのラベルに点字を打っている。
葡萄はグルナッシュ&シラーのブレンド。
個人の感想
仕事に行った場所の昼休みに近くの店でなんとなく買った。安いから。
700ぐらいだったかな。安い割にはコルクにヴィンテージが入っていた。珍しい。
ガーネット色。ベリー系の果実味でまろやかな酸味。タンニンも程よくフレッシュさを感じる。
ちょっとコスパ良すぎ。処分のための価格か???
店にもう一本置いてあったので次の日に車で買いに行った。
ヴィンテージが2015年?? 昨日と違うな。ちょっとヤリ過ぎかな。
その後も別な場所で2本見つけて買って来た。
知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ」 と偉大な科学者が言っていた。
(2回連続の名言です)。すごく現代に通ずるものがある。
長年それに精通した者の意見は時として斬新でも、その先で確かな未来を約束しているかもしれない。私も斬新過ぎると言われるが常識や知識に囚われないだけである。なっちゃって。
一言でいうと自分勝手、ワガママと言う自己中かしら??微妙。 
今から40年前ぐらいかな。サッカーでは常に戦術とシステム的なものは斬新だったと思う。
誰もが思いつかないようなアイデアはイッパイあった。そして実行した。
批判もあったが優れていたと自分で思う。ナルになっているか。
なぜなら見ている人たちは「面白いゲームだ」とファンも多かった。
それに私と一緒にサッカーをしたいと言う人も多い。
どの時代も10年以上は続いたかな。転勤してからはさらに別なチームを10年以上、未だに続いている。24年目か。いい仲間がいたからこそできた。自分はもうプレーできないのが残念だ。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。