holy-knight     Senior Football

シニアのサッカー&フットサル Life   これは親父たちの熱い戦いの記録である
 
2013/12/09 11:50:00|その他
2013 神奈川シニアリーグ60

2013 神奈川シニアリーグ 60
 
平塚シニアのベーシック。
 
過去の成績
 
参加チーム(12チーム)
茅ヶ崎FCえぼし  YK60雀SC  湘南ペガサスシニア60
神奈川四十雀60  湘南茅ヶ崎FC赤羽根60  FC丹沢 
横浜六十雀  小田原シーガルス60  平塚シニアFC60
茅ヶ崎ウエスト60  栄光シニア60  Jugar11FC
 
2013 リーグ
 
◎ 第1節 4月13日(土) 14:00 馬入人工芝 晴れ
 
   ● 平塚シニア60  1−3  小田原シーガルズ60
 
      得  点     不 明

◎ 第2節 4月20日(土) 13:00 馬入人工芝 曇り雨

   ○ 平塚シニア60  2−0  茅ヶ崎ウエスト60

      得  点     不 明

◎ 第3節 5月 4日(土) 14:30 笛田公園 晴れ

   △ 平塚シニア60  0−0  湘南ペガサス60

◎ 第4節 5月18日(土) 9:30 中島公園 晴れ

   △ 平塚シニア60  0−0  Jugar11FC

 
◎ 第5節 6月 8日(土) 14:30 あいおい損保 晴れ

   ● 平塚シニア60  0−4  茅ヶ崎FCえぼし

◎ 第6節 6月29日(土) 13:00 馬入天然芝 晴れ

   ● 平塚シニア60  0−2  神奈川四十雀SC60

◎ 第7節 7月13日(土) 13:30 馬入人工芝 晴れ

   ● 平塚シニア60  0−5  FC丹沢

◎ 第8節 7月20日(土) 13:30 足柄上合同庁舎 晴

    ● 平塚シニア60  1−2  横浜60 
      
      得  点     不 明

◎ 第9節 9月 7日(土) 10:00 馬入天然芝 晴れ

   ● 平塚シニア60  0−3  YK60雀SC

◎ 第10節 9月28日(土) 18:30 厚木荻野 晴れ

   ● 平塚シニア60  0−2  湘南茅ヶ崎FC赤羽根60

◎ 第11節 11月2日(土) 10:00 足柄上合同庁舎 曇

   ● 平塚シニア60  0−5  栄光シニア60

* 11位で終了


2013 県議長杯トーナメント戦


◎ 1回戦 12月7日(土)10:45 足柄上合同庁舎 晴

  △ 平塚シニア60  0−0  小田原シーガルズ60
              PK戦
              1−3

* 
全日程が終了しました。
   本年度のチャンピオンズカップは中止です。




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

イナヴァトブリィー
イナヴァトブリィー
第9節 YK60雀SC 戦
後期の第1戦は平塚の馬入天然芝にYK60を迎えての一戦。現在2位を相手に平塚はどこまで良い戦いを見せるのか。都合により前半をレポート出来ず後半からとなった。前半2点のビハインドをどうクリア出来るのか。
後半はほとんど平塚陣内でゲームは展開。YKのポゼッションは高く平塚がカットしてもカウンターに持ち込めず。30分右クロスのセカンドが流れて左中央が破られる。フリーで打たれるとGKの股間を抜けてダメ押しの3点目を献上。終盤は平塚の猛攻が続くがすでに遅し、このままタイムアップ。
観戦のholyに訊ねた。
「前半は分からないが後半5分過ぎぐらいから観戦。ゲームはほとんど平塚陣内で進み平塚はカウンター狙いの戦術に出るしかなかったと思う。しかし、カウンターさえも攻めの起点を見つけられずほぼ不発。相手の脅威とはならなかった。YKもポゼッションは高いものの攻め手を欠いていた。後半失点したがほとんど危ない場面はなかったと思う。敗因は簡単に言うと神奈川リーグのときと同じく、運動量、走力、ボールウォチングの3つに絞られる。キックの精度やアイデア・プラン、イマジネーションなどはそれらをクリアすれば、経歴が長いのだから幾らでも後から付いてくるだろう。
とにかく現在の全てのサッカーは運動量、走力が不可欠。これが相手より勝れば勝利は手元の届くところまで来ている。ここで負けるとボールウォチングも一緒に付いてきてします。ただ、ゲームは予想もつかない展開になることもある。幾ら勝っていても不運に負けることはあるだろう。しかし、ほとんどは勝利出来る内容にある。長い距離を独走してもシュートを打つ瞬間に体力を消費してしまえばチャンスとは言えない。簡単に言うと上位のチームはただ運動量、走力に勝るだけで対戦相手が劣っていれば自由が利く。だからパスやこれから先の展開にアイデア・プランのクオリティーも高くなると言うことかな。チャンスや得点は必然的に増える。さらに一歩進むためにはレジスタの存在だ。特にカウンターでゲームをメイクするためには必要で現在不在である。」

FCコラムニスト  (2013/09/07 13:34:18) [コメント削除]

マーキング
第6節 神奈川四十雀SC60 戦
開始から積極的な平塚のポゼッションは高かった。神奈川のバイタルエリアを脅かすものの
決定的な場面は訪れない。前半16分カウンターから右中央が破られる。パス廻しから左サイドに出されるとフリーで打たれGKデフしたかに見えたがセカンドを押込まれ先制点を許す。前半0−1。
後半はほぼ互角の展開。中盤の奪い合いが続き、お互いバイタルエリアを脅かすに至らず。33分またもカウンターから右中央を抜けだされると同じパターで逆サイドに廻され、最後はミドルレンジからGKの頭上を越えるファインゴールで追加点を奪われる。試合はこのまま終了した。
観戦のholyに訊ねた。
「前半はかなり押し気味にゲームを進めていた。この時にゴールが欲しかった。後半は互角だった。これほどシニアのサッカーは風の影響を受けるのかなと思うぐらいゲーム内容が変わって来る。2失点はマーキングのズレ。枚数的には問題なかった。ゾーン的なマーキングに問題があったと思う。マークに着ききれていないからフリーな状態になってしまう。2失点共同じ内容。もう一つはキープレーが居ない。チャンスを演出できないと言った状態かと思う。内容的には負ける試合では無かったような気がする。」

FCコラムニスト  (2013/06/30 15:02:12) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。