holy-knight     Senior Football

シニアのサッカー&フットサル Life   これは親父たちの熱い戦いの記録である
 
2017/11/07 12:26:08|その他
2017 中新田サッカークラブ
私の育った田舎の小さな町のビッグクラブ (旧 中新田町・現在=加美町)  
 
過去の成績 
2016  2015  2014  2013  
2012  2011  2010    2009    2008
             
 
今年も高いパフォーマンスを見せてくれるだろう。

2017 東北サッカーリーグ 2部

第1節 5月 7日(日) 13:00 陶芸の里 (宮城)

  ● 中新田サッカークラブ  0−8  会津オリンパス(福島)

第2節 5月14日(日) 11:00 めぐみ野S (宮城)

  ○ 中新田サッカークラブ  2−1  リコーインダストリー(宮城)

第3節 5月21日(日) 13:00 陶芸の里 (宮城)

  ● 中新田サッカークラブ  2−3  仙台中田SC(宮城)

第4節 5月28日(日) 13:00 東陽の里公園(山形)

  ● 中新田サッカークラブ  1−6  FCパラフレンチ米沢(山形)

第5節 6月11日(日)13:00 相馬光陽 (福島)

  ● 中新田サッカークラブ  0−2  相馬SC(福島)

第6節 6月25日(日)14:00 陶芸の里

  ○ 中新田サッカークラブ  6−0  FCパラフレンチ米沢

第7節 7月 9日(日)13:00 陶芸の里

  ○ 中新田サッカークラブ  4−1  三川SC(山形)

第8節 7月16日(日)11:00 西武スポーツ広場

  △ 中新田サッカークラブ  0−0  会津オリンパス

第9節 8月 6日(日)14:00 松島運動公園

  ○ 中新田サッカークラブ  4−0  仙台中田SC

第10節 9月10日(日)14:00 陶芸の里

  ● 中新田サッカークラブ  2−3  FCシャイネン福島

第11節 9月17日(日)13:00 陶芸の里

  ● 中新田サッカークラブ  2−5  いわき古河FC

第12節 9月24日(日)11:00 色麻愛宕山

  △ 中新田サッカークラブ  1−1  クレハSC

第13節 10月 1日(日)14:15 新舞子F

  ○ 中新田サッカークラブ  6−1  クレハSC

第14節 10月 8日(日)12:00 クレハG

  ● 中新田サッカークラブ  1−2  いわき古河FC

第15節 10月15日(日)13:00 陶芸の里

  ○ 中新田サッカークラブ  2−1  相馬SC

第16節 10月22日(日)13:30 櫛引運動公園

  ○ 中新田サッカークラブ  1−0  三川SC

第17節 10月29日(日)13:00 あずま公園

  △ 中新田サッカークラブ  1−1  FCシャイネン福島

第18節 11月 5日(日)13:00 陶芸の里

  ○ 中新田サッカークラブ  3−1  リコーインダストリー


第53回全国社会人サッカー大会宮城県予選

1回戦 4月30日(日)陶芸の里 11:00
  
  ○ 中新田サッカークラブ  2−0  船岡FC

2回戦 6月18日(日)色麻G 11:00

  ● 中新田サッカークラブ  0−2  塩釜NTFCヴィーゼ


 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

第7節 三川SC戦
今日はholyの郷里、中新田SCの観戦から・・・
開始、直ぐに三川がチャンスを迎えるがゴールには至らず。お互い決定的な場面が2度ほど訪れたが精度を欠いてゴールには結びつかず。前半30分中新田は左サイドを破られ早いグラウンダーをゴール前に入れられると二アの競り合いからファーに流れフリーで合わされ先取点を奪われる。38分中央D付近からリフト気味のロフテットにDF間を抜け出すとGKの動きを上手く突いて同点。前半終了間際、中央ミドルサードからD付近にクサビパス。フリーでターンから冷静にゴール右サイドを突いた上手いシュートで勝ち越し点を奪う。
前半2−1。
後半は相手のプレスも低く中新田のポゼッションは高い。ゲームの主導権を握り幾度かFKを貰うがいずれも精度を欠きゴールの予感はない。相手はカウンター狙いから幾度かバイタルエリアを脅かすもののゴールには至らず。66分やや左中央のスルーパスから抜け出して追加点を奪う。83分もワン・ツーからのスルーパスで左中央サイドを抜け出し上手いアウトサイドでファーを突いて駄目押しの4点目を奪う。いずれもフィジイカルとリーチを生かしたホットラインの得点でハットトリック??。試合はこのまま終了した。
この試合をholyに訊ねた。
「内容的にはまずまずと言ったところか。前半はお互いフィニッシュに工夫がなく決定的な場面でゴールを奪えず。シュート数で中新田はかなり上回っていたがゲーム内容はほぼ互角に等しかった。もっと拮抗した場合などでは後で効いてくる場面と言える。後半は三川のハイプレスで来るのかなと思ったが、暑さの性か比較的引いてのプレス。これでポゼッションを与えて中新田が終始ゲームの主導権を握る形となったが、・・・・逆にカウンターの危険性が大きくなったと言える。決定的な3点目でほぼゲームは決まった感はあった。後はFKでしょうか。中途半端と言うかあまり脅威を感じないFKだったと思う。もっと思い切ったアイデア・プランがあってもいいかな。まずは勝利おめでとう。」

FCコラムニスト  (2017/07/12 14:30:41) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 1 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。