holy-knight     Senior Football

シニアのサッカー&フットサル Life   これは親父たちの熱い戦いの記録である
 
2017/10/21 17:54:33|その他
bP7 CHATEAU DE CANTERRANE
CHATEAU DE CANTERRANE(シャトー・ド・カンテラーヌ 1995)

 17

フランスはコート・デュ・ルーションの22年前の1995年のワイン。

コート・デュ・ルーションはラングドック・ルーションの南端、スペインよりにあると思う。

全域はフランスのニューワールドと言われることがある。ワイン造りでは新しいと言う事かしら。日常飲むような比較的安価なワインが多く、ヴァン・ドゥ・ペイの代名詞と言えるかもしれない。
地中海沿岸で土壌は石灰、泥灰土や花崗岩質などで温暖な気候は葡萄の栽培に適しており手間が掛からないワイン造りができるようだ。

1977年頃にAOCに昇格し、醸造技術の進歩などヴァン・ドゥ・ペイ(地酒的なもの)の中にはクオリティーの高いワインも多くなってきた。自由で規制にとらわれない酒造家たちがクオリティーの高いワイン造りに挑んでいるようなところかしら。これから良いワインが多く生まれてきそうな土地柄だろう。期待は大きい。このワインはクロード・オルタル氏のクロ・サン・ジョルジュのワイン。平均樹齢35年、グルナッシュ85%、カリニャン15% 


個人の感想
古酒独特のレンガ色というか、色だけでも長い年月を感じるワインかしら。
花のような香りに凝縮した果実に甘さも感じる。スムーズな口当でタンニンと酸味もバランスもほどよく熟成されたまろやかな味わいと言える。
仕事の帰りに記念日用に良いのではないか思い買ったもの。価格は2000ぐらいだったかな。
それなりに良い買い物だったと思う。
A弦が切れたら残りの三本の弦で演奏する。これが人生である」と神学者で牧師の人が言っていた。人生も経過すればどこかで失うものも出てくるだろうが、新たに生まれるものもあるだろう。失っても補う努力で以前より新鮮になることもある。今宵は記念日に乾杯しよう。
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。