holy-knight     Senior Football

シニアのサッカー&フットサル Life   これは親父たちの熱い戦いの記録である
 
2013/09/22 14:53:03|その他
holy−knight の 立役者 2013
holyの立役者にようこそ   

過去 2010  2011  
2012

 
このコンテンツは平塚シニアの公式戦及び練習を始めあらゆる活動において
活躍した者をヒーローに仕立て褒め殺しする 完全にアバウトなサイトかな
 
 
  3月2日(土) 馬入クラブ  茅ヶ崎オールドリーグ 第6戦 鶴が台オールド戦
今日の勝利は特別だ。
他のメンバーはあまり分かっていないと思うが馬入クラブがリーグに参戦して7年間一度も勝てない相手だった。いつも大敗を記していただけに今日もプレッシャーがかかるゲームだった。それもスターティングメンバーは丁度11人とかなり厳しい状況。前半5分で早くも失点。あぁ、またかと脳裏を横切る。しかし7分後6540コンビ、ノヴァ田村とムスタング花城で同点。前半終了間際なんと、またまたムスタング花城=ノヴァ田村で勝ち越し点。これでちょっと楽になったかぁ。後半はかなり押され気味で失点は時間の問題かと思ったが持ちこたえる。が40分に同点にされる。しかしその後はCBガンダム下川原、ソニック重田、SBをターザン刈生田、ビストロ原田と熱の入った懸命な守備で得点を許さず。捨て身の攻防だった。そして決定的なドラマがやってきた。ビストロ田原=ノヴァ田村のコンビで勝ち越し点を奪う。その後相手の猛攻が続く。トルネード池谷、マジカル能代が左サイドで攻防戦を繰り広げる。後半から来たマリオ谷口もコンビネーションを見せるがまさかの痛い負傷退場。マジンガー桑名、キカイダー名生も復帰後の第1戦と厳しい状況も最後まで集中力を維持。そして遂にその時がやって来た。左サイドから低いクロスを入れられるとholyがキャッチ。同時に試合終了のホイッスル。馬入の総合力はベストとは言えないがベストと思える状態がベストではない証明の一戦だった。ベストゴールも生まれた。選手全員のクリエイティブなプレーがスペクタクルな展開を生み8年目でピリオドを打った。絶賛していいとも。全員が立役者やのぅ。


 ◎ 6月30日(日) 神奈川シニアリーグ40−4部 第4戦 FC430 戦
今日の勝利はチームのプレッシャーを取り除きこけら落としと言っていいかもしれない。
誰もが勝利を願う中この男、重田選手がキープレーヤーとなり勝利を呼び込んだ。
前半18分絶妙のスルーパスにムスタング花城が抜け出し先取点をお膳立て。
同点に追いつかれ勝ち星が欲しい苦しい展開の中、後半20分今度はドリブルでミドルレンジからタイガーショットが炸裂。全員が絶賛する内容だった。
今日の結果はチームにリラックスを与えたことだろう。

◎  9月21日(日) 神奈川シニアリーグ40−4部 第8戦 Tsujiko 戦
今日は到底褒められた試合でもなくベストゲームでもない。ただ、ミラクルが起きたことが興奮度、満足度を助長してしまった。後半60分すでに試合終了時間は過ぎた時点で相手陣内でFKを与えてしまった。距離的に危ない場面でも何でもない状況。多分ワンプレーで終了か?と言った時間帯。このボールが何故かワンバウンドでラインをすり抜けGKとDFの10m間に転がる。相手が俊足で飛び出しクロスプレーでいち早くワンプッシュでゴールに転がってしまう。決勝点だ。会場の全ての人が平塚の敗戦を確信。まだ数秒あると信じてキックオフシュートを切望。2〜3度蹴ったら終了と言った状況だ。ボールが右前にキックされると数秒であったが相手も安心してプレスに来ない。見方も行く様子がないと思ったらノヴァ田村が走り込み弾丸ロングシュート。蹴った瞬間、誰もが行けるんじゃないのと思うほど高精度シュート。目標物到達地点にコンマ数秒で突き差し奇跡の同点弾。ベストゴールより先にミラクルだ。今日の試合はこの最後のワンシーンの為に双方30人のエキストラがお膳立てしたようなドラマである。2度と起こることはないだろう。他には特にソニック重田の影のプレーが光った。刺客としか思えない。危ない場面は根こそぎ刈り取っていた。ひょっとしてこのドラマは作られたか?。最後のFKはノヴァ田村の何でもないファウルから始まった。そして自ら締めくくる。ハリウッドも真っ青だ。ここで重要なポイントがある。最後のキックオフのときベンチからのキックオフシュートの指示をよそに前にキックしたパイタン海野のプレーだ。キックした位置が最大のポイントなのだ。要するにナビゲーターとスナイパーが一致したからこそ生まれた究極のワンプレーだったと思う。今回はこの3人が勝利とは言えないが立役者じゃのぉ〜。大涌谷が噴火しそうなプレーだ。今日はシャンパーニュを開けてもいいだろう。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。