知財コンサルタントの目でみた知財裏話

他とは違う知財コンサルタントを目指している私が 仕事で出会った面白い話題を私の目で見て書いています。
 
2011/05/27 21:08:14|その他
(45)メロディーロード
久々の更新です。 
四国遍路に行ったり、適当な知財関係の話題がないまま、しばし更新できないままでした。 今回久々に面白い話題がありましたので、これについて調べてみました。

“メロディーロード公式サイト|株式会社 篠田興業”
http://www.melodyroad.jp/

車が走ると音楽を奏でるという歌う道路の話です。 このサイトの情報ですと、特許登録4708354号という登録番号を取ったそうです。
ホームページには“平成17年9月16日に、篠田興業と北海道立総合研究機構が特許出願申請をしていたメロディーロードが特許されました。技術の無断使用は特許侵害の恐れがあります。“ともあります。  
北海道立総合研究機構との共同事業らしいので、北海道立総合研究機構のサイトhttp://www.hro.or.jp/
に行きましたが、トップ頁から検索してみましたが、どこにあるのかわかりません。
では特許電子図書館で経緯を調べてみましょう。
特許登録番号が4708354号から逆引きすると出願は2005年9月17日 特願2006-535236号です。
権利者は有限会社イーストBiz、地方独立行政法人北海道立総合研究機構の二社
国内優先権記事 特許 2004-304900 主張日(平16.9.18)とあるので、一番最初の出願は2004年ですね。
国際出願記事 PCT/JP2005/017192 国際公開番号(WO2006/030915)とあるので国際出願もしていますね。
引用記事
引用調査データをみると
拒絶理由通知(拒絶理由の引用文献情報) 起案日(平22.8.6)
引用文献番号(特開平2-008401号公報)
引用文献番号(特開平8-246406号公報)
引用文献番号(特開平7-205616号公報)
とありますから、似たような技術として3件の特許があったことを意味しています。

拒絶理由の詳細をみてみるとこうなっています。
理由 2
 この出願の下記の請求項に係る発明は、その出願前に日本国内又は外国におい


P.3
て、頒布された下記の刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基いて、その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
請求項1に対して
・引用文献 1
・備考
 請求項1に係る発明と引用文献1に記載された発明とを対比すると、
 請求項1に係る発明では、単位施工距離が「各音の音符長およびテンポに基づいて求めた音持続時間と車速とから特定され」、溝幅が、「各音の音量に対応して特定される」のに対し、引用文献1に記載された発明では、「単位施工距離」、「溝幅」の特定過程が明らかでない点で相違する。
 しかしながら、引用文献1に記載された発明は、音楽を奏することができる「音響道路」の発明であるから、音楽を奏することができる道路を形成する過程においては、単位施工距離が音持続時間と車速から特定されることは自明のことである。また、溝幅を各音の音量に対応して特定することは適宜なし得ることである。

(引用文献1に記載された発明と比べて構造上の差異があり、明細書に記載の効果を奏するというのであれば、その点を意見書等で説明して下さい。)

これに対して発明者側の反論はなかなかです。
それは次回で紹介しましょう。




知財のご相談はこちらへ ・・・
http://www.scn-net.ne.jp/~pmama-kk/




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

篠田興業さんへ
リンクありがとうございます。 やはりいい特許は事前調査が大事ですね。よく言われるのが以前出願があるので駄目と自分から出願を断念するケースの中でこの特許はあらかじめ審査官の拒絶を先読みしていた、かつ技術が優れていた例に私には読めました。

木村 [WEB] (2011/06/13 6:09:53) [コメント削除]

リンク依頼について
初めまして、篠田興業、篠田と申します。本ページを当社HPよりリンクさせていただきたく存じます。作業は進めていますが、問題があればご連絡ください。
代表取締役 篠田静男 [WEB] (2011/06/09 17:35:15) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 2 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。