☆ぜんそくとうつとわたし☆

性格的には、ちょー元気がとりえのワタシ♪ …だが、体的には、5才からぜんそくになり、’07年にはうつ病も発症(^_^;)でも、めげずに、出来る範囲で楽しく人生過ごそうゼ!がモットーです\(^o^)/ よろしくネ☆
 
2017/04/11 11:36:53|四季の花たち
控除申請はしっかりやろう
写真と記事の内容がまったく違ってごめんなさいです(笑)

確定申告が終わったこの時期、私は税務署に手続きに行かなくては
(確定申告の時期は混むので。控除申請はこの時期でなくてもいいものもあります。)

みなさんもよく知っている「医療費控除」と、私の場合は精神障害者手帳を持っているので「障害者控除」が申請できます。
収入によって還付額が決まるので毎年同じ金額ではないし、人によってもまちまちだと思うのですが、少しでも還付してもらえるのであれば行きますよね。

ただ税金って難しくて、場合によっては追徴課税なんて事もあるので必ず還付金が出るという事ではないと思います。

とにかく、気になったら時間のある時にネットで調べたり税務署に直接問い合わせたり行ったりしてみてください。

病気になってしんどいですが、国には色々な補助があったり有効に利用できる制度があったりするので、合わせて調べてみると少しお得感が出て前向きな気分になりますよ。
…私だけか困った

これからの時期一番利用するのが、ゴールデンウイークに出かける先に施設によっては「障害者手帳」の割引制度がある所ですね。
障害者手帳を窓口で見せるだけのところが多いので、それを気にしない人にはぜひともおススメの制度ですね。
普通の割引券より割引率がよかったりしますから。

ただ、精神障害者手帳では割引がきかなかったり、県外・市外だとダメだったりする事もあるので、料金表の看板の一番下辺りに書いてあることがらを読んでみてください。
書いてない場合は…思い切って窓口で聞くのもアリです。
国営・県営の施設、美術館・博物館の類いは割引がきく事が多いです。
同伴者(付添人)も割引になったり。

※精神障害者手帳は希望者のみ申請するもので、本人の意志でいつでも返還できるものです。
絶対に申請しなくてはいけないものではないし、手続き等・割引以外で見せる事はほぼないです。
詳しくは検索してみてくださいね。




 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。