年金関係コンサルタント

「遺族年金」「マクロ経済スライド」など年金に関する問題を解りやすく解説しております。 法改正など、年金に関する最新情報をお届けすると共に、年金に関する基礎知識を提供し、ご来場の皆さまに年金への理解を深めていただきたいと考えています。 また、社会保険労務士を目指して勉強中の皆さまにも、お役に立つ情報をお届けして参りたいと思います。 年金に関するご相談はもとより、労働問題も幅広くご相談を承っております。 どうぞ、左記「さかえ社会保険労務士事務所」宛て、お気軽にご連絡下さい。
 
2015/04/09 13:53:00|社会、法律
年金の「繰上げ」「繰下げ」受給をお考えの方必見!
年金は原則65歳から受給できますが、請求することにより60歳から受給(繰上げ受給)することができます。
また、今は収入があるから66歳以後に受給を先送りし(繰下げ受給)、受給金額を増やしたいという選択もできます。

年金は長生きすればするほど得になるのは周知の通りですが、健康に不安をお持ちの方は「自分は平均寿命ほどにはとても長生きする自信がないから、早く年金を貰いたい」とお考えの方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は「繰上げ受給」・「繰下げ受給」による年金額の増減率を解説し、損益分岐年齢が確認できる『老齢基礎年金「繰上げ」受給・「繰下げ」受給、累計額比較表』を文末に「参考資料」として添付しました。


1.繰上げ受給
年金は、要件を満たした人は原則65歳から受給するのが基本ですが、請求することにより60歳から受給することもできます。ただし早く受給する分、受給額は減額されます。
減額される率は65歳(誕生日の前日が属する月=誕生月)より1か月早く請求するごとに0.5%減額されます。
例えば64歳の誕生月に請求(請求した月から受給開始となります)すると12か月早く受給するわけですから0.5%×12か月=6%減額され、65歳から受給する金額の94%になってしまいます。
60歳の誕生月から受給すれば0.5%×60か月=30%減額されますから、65歳から受給する金額の70%になってしまいます。
そして、減額された年金額は生涯続きます。

2.繰下げ受給
一方、65歳で受給せず66歳以降に受給すると、1か月遅く請求するごとに0.7%増額されます。(66歳前での請求は繰下げにはなりません)
例えば66歳の誕生月に請求すると12か月遅くもらうわけですから0.7%×12か月=8.4%増額され、65歳から受給する金額の108.4%になります。
70歳の誕生月に請求すれば0.7%×60か月=42%増額され、65歳から受給する金額の142%が生涯受取れます。
70歳以降はどんなに遅く貰っても増額率は142%で変わりません。

3.「健康寿命」「平均余命」
「平均寿命」は男性80.21歳、女性は86.61歳(平成25年簡易生命表より、以下同様)とまだまだ伸びていますが、意外と短いのが「健康寿命」です。
「健康寿命」とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と厚労省では定義しており、男性71.19歳、女性は74.21歳です。
「繰上げ」や「繰下げ」受給を考える上で一番気になるのは健康状態です。但し下記4.の通り正解はありませんので、それを承知の上決断することが必要と思います。
「平均余命」は平均寿命より長いことも確認しておいて下さい。

4.「繰上げ受給」のケースバイケース
大病したため体が動くうちに旅行や観劇に行こうと、60歳から年金をもらって行動範囲を広げた結果、友人も増えて80歳を過ぎてもお元気に過ごされている方がおられます。
一方、同様に病弱で自信が無かったため60歳からの「繰上げ受給」を選択したが、幸いにして長命している結果医療費がかさみ、「繰上げ受給」したことを後悔しているという方もいらっしゃいます。

結局、「選択の良し悪しは後にならなければ判らない」というのが結論になってしまいますので、ここでは「繰上げ」または「繰下げ」受給した時の「損得分岐年齢」を知り、ここまでは生きられそうだという目安のもとに「繰上げ」「通常(65歳)」「繰り下げ」のいずれかを選択し、あとは健康で充実した毎日を過ごして頂ければと願っております。
そして、「繰上げ」や「繰下げ」受給した方が分岐年齢を超えて長生きした時、年金額だけを捉えれば「繰下げ」受給した方は万々歳ですし、「繰上げ受給」された方は「繰上げ受給」しなければよかったということになるかも知れませんが、それにも増して両者とも長生きできた幸せに浸ることができます。

「参考資料」として、『老齢基礎年金「繰上げ」受給・「繰下げ」受給、累計額比較表』を添付しました。検討資料としてご活用ください。

 「参考資料」はこちら