チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2020/07/11 21:41:00|あれこれ
声・・メラニー法
過日、由美先生のインタビューで
「声」は自分を確認する1つのツール・・・・というような
意味のお話を伺った。

たとえば、トランス女性が「女性」として、社会に適合してゆくには「声」はとても重要な要素になるということだ。

男性が外科的な処置に頼らず、ヴォイストレーニングの訓練によって性適合を行う場合の方法として、アメリカのメラニー・アン・フィリップスによって開発されたメラニー法というのがある。

声にはフォルマントというのがある。
声帯で生じた振動にによる原音が、喉、口、鼻で加工されることにより、音量が増幅され、倍音の特定の周波数に於いて、音のピークができる。このピークの事をフォルマントとよぶ。倍音は第1、第2・・・・とあり、それぞれにピークができ、第1フォルマンド、第2フォルマント・・・・と呼ばれる。
人はこの、フォルマントを聴きとることによって、言葉を認識しているのだそうだ。(ウィキペディアより)

メラニー法では、のどぼとけを使わないように意識し、発声することで女声を出す。つまり、フォルマントを調整するという事だ。

私は低音が苦手なので、ポップスなどを歌う時は声の使い方で苦労している。メラニー法は女声を出す方法だが、
低音をしっかり発声したい・・・・と思う私がいる。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。