チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
音楽は生きて行く力を育てる・・・・!?
私は音楽に携わって生きています

チェチリア工房でのレッスンや高校での授業
自分の練習や仕事の為の準備
ボランティアのコンサートや自分の楽しみの演奏
研鑽を積むための研修会や娯楽の為の鑑賞  などなど

音楽を通じて付き合う方がたの年齢層や環境も様々です。
色々ご指導頂ける師匠も多く、
先輩や友人にも恵まれています。
自分の置かれた環境は、とても幸せで幸運だと思います

折に着け、思うことは今も昔も変わらず生きて行くことは並大抵では無い・・・ということ。そして、多様化の現在の社会は
またまた、並大抵でない要素が山積、気象環境の変化も加えると、ますます生き抜く覚悟が必要だと実感します。
便利さと反比例するように、過去には考えられなかった難しさや危険に囲まれた毎日です。

でも、学校に出勤し、音楽の授業で生徒たちと接する時、若者はやっぱり若者らしく純粋で、伸びやかで、夢が一杯在る!と感じ、嬉しくなります。

普通にしている時は、スマホに夢中になっている現代っ子ですが、歌を歌えば、伸び盛り、育ち盛りのエネルギーが湧き出てきます。エネルギーが湧き出てくる時、人はワクワク高揚します。ワクワク感があること イコール 生きて行く力がみなぎっている事だと思います。

あるチビッコにピアノを教えているときの事です
その子は何度やっても同じ所で失敗をしてしまうので
一度、ピアノの椅子から離れて、
弾いている曲の物語を作ってもらい、話してもらいました。
その子は子供らしいお話を話してくれ
その子が考えている事、感じている事を私も賛同しました。
もう一度ピアノに向かって弾いてみましょう!と誘導し
みごとに間違えずに、上手に弾けました。
何が、そうさせたか、わかりませんが、すんなり最後まで行きました。
私が感激したのは、その後です。
なんと、その子の言葉使いが変わって、とても丁寧な言葉遣いになり、今までの、私とチビッコという関係が
先生と生徒という関係になりました。

「ハイ また、頑張ります!」今でも耳に残っています。

その子からは、自信が感じられ、意欲が見えるように感じられました。

人はだれでも、変われる機会を待ち望み、
大きく飛躍できるチャンスが在る・・・・

踏み出した一歩の先にそのチャンスはあるように思いました

きっかけを活かせる力をつけること
音楽を学ぶ中でそれが出来れば・・・と思います
音楽は体験度が強い活動ですし、聴覚、運動神経、想像力など、身体の様々な感覚をフル回転させるので、何か良いきっかけを見つけるチャンスも多いと思います。

実際に音楽活動をすることは、生きる力に直結する可能性を持っていると考えます。これからも、その観点から観察を深め
指導に生かしていきたいと思います。






 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。