チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/11/21 1:08:48|解説
飴売りから楽隊広告まで・・・日本の中の様々な音楽シーン(8)
楽器を用いて、口上を述べたり物を売り歩く職業としては江戸中期より「飴売り」があった。

芝居小屋では鳴り物の囃子が客寄せに使われていた。

「飴勝」は法善寺を拠点として活動していた飴売りで拍子木を用いた見事な口上がかわれ、寄席の宣伝を請け負うようになった。

飴勝の仕事をひきついた「勇亀(いさみかめ)」は「東西、東西(とざい、とうざい)」と宣伝をおこなっていたことから、東西屋とよばれるようになり、東西屋は街頭宣伝業の一般名称になった。

「紅かん」は安政期から明治初期に活動していた大道芸人で下町で人気を博していた。大正期にも「紅屋の勘ちゃん」という男がいて、腰に付けた小太鼓と三味線をバチで一緒に鳴らして街をあるいた。

明治20年代には大阪で丹波屋九里丸やさつまやいも助が雄心的な存在となり、東京では秋田柳吉の広目屋が楽隊広告を始めた。広目屋は秋田柳吉が八重洲で開業した会社の屋号で、命名は仮名垣魯文だった。その後、楽隊を用いた路上広告を一般に広目屋と呼ぶようになった。広目屋は広告代理店、装飾宣伝業の先駆けだけでなく、新聞を発行したり、活動写真や芝居などの興行全般にも手を広げていった。
*絵は広目屋野広告 鈴木春風の写本

1874年に木村屋がうりだしたあんぱんは文明開化の象徴の食べ物として明治天皇のお墨付きをもらい、そのせんでんに初めてチンドン屋を用いたとされている。

丹波屋九里丸は柏屋開店の仕事の際に、忠臣蔵になぞらえた音楽入りの口上をやり、評判となった。

西洋楽器による街頭演奏は軍楽隊による行事や式典から、mン巻にも起こった。明治20年に結成された東京市中音楽隊はさいしょの民間吹奏楽団とされる。

その後1885年、チェリネ曲馬団の来日など、外国の楽団の宣伝演奏やラッパを用いた広告などがおこなわれた。

楽隊は軍歌の流行や出征軍人の壮行会の機会が増え、日清戦争を境に流行し、以後活動写真やサーカスの巡業、煙草や歯磨きの大規模な楽隊広告が行われ、地方にも楽隊は広まっていった。

楽器広告は1889年に広目屋がキリンビールの宣伝を請け負い大阪にも音楽隊の宣伝がおこなわれるようになった。









 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。