チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/11/15 19:30:00|解説
江戸時代の音楽家 音楽シーンに登場する日本人(4)
江戸時代の音楽家・・・知名度の高い方

・八橋検校(やつはしけんぎょう)江戸時代前期の音楽家。検
 校( 社寺やその行事を総裁する名誉職的な僧職。検校は頭巾・衣類・杖な  どの所有が許された(写真左)

・竹本義太夫(たけもとぎだゆう)江戸時代の浄瑠璃語り。
 義太夫節浄瑠璃の創始者。本名五郎兵衛。
 初期には清水五郎兵衛と名乗る。 (写真右)     

・杵屋巳太郎(きねやみたろう)長唄三味線方 7代目は人
               間国宝。当代は8代目

・杵屋六三郎(きねやろくさぶろう)長唄三味線方

・杵屋佐吉(きねやさきち)江戸時代から続く長唄三味線方

・杵屋六左衛門(きねやろくざえもん)近世前期以来の長唄宗
 家。杵屋の始祖とされるのは杵屋勘五郎で15代目。六座衛
 門名が宗家の名として定着したのは9代目以降。3代目から
 は三味線方。14代目から唄方。

・富士田千蔵(ふじたやせんぞう)長唄唄方
 
・杵屋勝四郎(きねやかつしろう)長唄三味線方・唄方

・田中伝左衛門(たなかでんざえもん)歌舞伎の長唄囃子方
 田中流宗家家元

・杵屋正次郎(きねやしょうじろう)長唄三味線

 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。