チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/10/14 23:05:03|あれこれ
今してるチャレンジ・・・
あの歌・この歌を聴いて頂く日が刻一刻近づいてきます。

今回のコンサートでは
様々な歌を私とメゾ・ソプラノの大貝さんの二人で歌います。
コンサート当日に向けて頑張って練習していますが・・・
チャレンジしている課題は
課題として、なかなか手ごわくもあります。

合計21曲を歌いますが
中には、この曲はもう一人の方に歌って頂く方が
マッチするのでは・・・・?という曲もあります。
それは 敢えてするチャレンジの一環です。

歌は声の表現で
声は生まれつきの声質をかえようもなく
練習でできるのは、
音取り、表現、テクニック・・・・
どれも果てしない課題ですが、
できることは緊張しても出来るように、
出来る限りの力は出せるように練習してます。
難しいのは、絶対自分に合わないかもしれない曲

学生時代、
声楽の試験曲で、
これだけは絶対イヤ!と思っていた曲を与えられたことがありました。ただ、先生はその曲が私に合うと考えたのです。
試験は私の曲に対する取り組みが悪く
悲惨な結果でした。

あとになって、
私は貴重なチャンスを棒に振ったと気が付きました。
それからというもの、
ちょっとあまのじゃくみたいな話ですが
きっかけを得た曲は取り組むようになりまして・・・

問題デス!!! 今回の私が歌うプログラムには次の●印のチャレンジ曲が入っています。聴いてから当ててください。さあ!どの曲でしょう・・・

●ドレスを着て歌うのには、あんまり似合わないような曲
●私の声質には合わない曲
●音域として、チャレンジしている曲
●新年の計で今年克服して歌えるようになりたいと誓った曲


ひたすらチャレンジして、何回も繰り返し練習していると
だんだん、何か突破口が見えてきたり
ただ、単に慣れてきたり・・・
自分なりの表現がありそうに感じられたり
永久に脱出できそうにないあきらめ状態に入ったり
見えなかった、新たな難題にぶちあたったり・・・
ただ、私はぶちあたっている限りは
そこで押せるタイプの人間なので
(今回、ラグビーのスクラムからも多くを学びました)
もしかして、ぶち当たることが好きなのかもしれません
その先が開けなければ意味無いですけど・・・

様々な世界で色々なチャレンジがありますが・・・・
きっと、みんな同じなのでしょう

当日は練習してきたことが、巧くいきますように・・・・
私がどの曲で何にチャレンジしているか
わかったら、こっそりお耳打ちを・・・
当たったら、ささやかな景品を差し上げます●●●●








 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。