チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/08/10 0:34:50|あれこれ
夏の音
甲子園の熱戦が始まった

私も高校時代はチアリーダー(応援団)の一員で
母校の応援に熱くなっていた。
(ついに 一勝もなかったけれど、良い思い出だ)

勤めてからは、吹奏楽部と応援団の生徒を引率して
毎年必ず1回は、時には3回戦、4回戦と・・・・
音楽で野球部と一緒に精一杯、力を尽くした

応援という場面での音楽は
表現とか解釈の世界とは全く違って
音楽の力をそのまま、
勢いや集中力につなげる、
なんとも楽しい音楽の姿だ
ぜひとも、機会を作って味わって頂きたい・・・

それは、夏祭りの音楽にも似ている

夏祭りが近づくと
近所の集会場に子供たちが集まり、
年上のお兄さん、お姉さんから笛や太鼓を習う
祭りの本番には、皆キリッした表情で
習ってきた笛や太鼓を
練習以上の出来栄えでならす

花火の音もワクワクする

夕方の水まきの音も・・・・
かき氷をかく音も、ワクワクする夏の音

一番懐かしいのは
プールに行った時、

プールの近くに行くと、子供たちのはしゃぐ声が聞こえ
監視員の笛のピーッという音
入道雲が空の向こうの方に見えて、

夏休みがおわりに近づくと、赤とんぼも飛び始め
夕立ちには
また、独特な気配の音や空気感

セミの声、アブラ蝉からミンミン蝉
そしてひぐらしがなきはじめる

令和元年の夏の音は
どんな音がしているのだろう・・・・?



 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。