チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/08/01 0:57:42|楽曲解説
サンタ・ルチア
サンタ・ルチアは伝統的なナポリの民謡で
1847年にバルカローレとして出版された。

ナポリ語をテオドラ・コットラウがイタリア語に翻訳して
ナポリの歌にイタリア語の歌詞がつけられた初めての曲。
英語の歌詞はトーマス・オリファントにより翻訳された。

スウェーデン・デンマーク・ノルウェーでは
聖ルチア祭に合わせた歌詞がつけられている。

チェコやタイでもそれぞれの国の言葉に翻訳され
歌われている。

日本語の歌詞も多数あり、
多くの教科書に掲載され
イタリア語の歌唱のテキストとしても親しまれている。

録音でもっとも有名なのは、
オペラ歌手エンリコ・カルーソの歌唱

エルヴィス・プレスリーも1965年7のアルバム
「メンフィス・テネシー」に収められている。

地名としての、サンタ・ルチアは
ナポリ湾のサンタルチア港(写真)を含む海岸沿いの一帯を
さす。12世紀にノルマン人が建造した卵城がある。

ヴェネチアにはサンタ・ルチア駅があり、
そこから、サンマルコ広場はすぐ近くである。

聖ルチアはシラクサのルチアと呼ばれる、
キリスト教の殉教者で聖人。
伝承による生没年は283年から304年。

エスタビエン2019 オーシャン・ステージでは
テノールの歌唱によって演奏されます。




 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。