チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/07/24 0:14:34|解説
パンフルート
8月3日のエスタビエン・コンサートで
ぱん・フルートを演奏される方がいらっしゃいます。

そこで、今日は
パンフルートについて、解説します。

パンフルート、または パンパイプは
木管楽器の一種です。

古代から、知られていて、民族楽器として
親しまれている。パイプ・オルガンや
ハーモニカはパン・フルートから派生して生まれて来たとも
考えられている。

パンフルートの管は一端は塞がれた閉管で、通常は
五本以上の管を束ねて造られている。
フルートや篠笛は一本で全音域を鳴らさないといけないが、
パンフルート、パンパイプは音程により息が使いやすい太さの管で造ることができる。

モーツァルトの魔笛に登場するパパゲーノが手にする楽器は
この楽器である。

ルーマニアに伝わる楽器は「ナイ」、南米に伝わるものは
サンポーニァとして有名である。

ギリシャ神話の牧神
パーンが吹いたところから、パンの名がついた。

 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。