チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2019/02/15 23:36:00|楽曲解説
小さな空(武満徹)
エスタビエン・コンサート アースステージ2019で
演奏される楽曲の解説を行っています。
きょうは
「ちいさな空」作曲 武満徹(写真)
 の解説です。

作曲家 武満徹 1950年代は瀧口修造らの芸術サークル
「実験工房」で幅広いジャンルとのコラボレーションをしていた時期である。1960年代は映画音楽を多く作曲していた時期で
誰にでもわかりやすい曲を手掛けていた時期である。

混成合唱のための「うた」は武満徹が作・編曲した12曲からなる曲集で全て無伴奏.
原則、初演された順にならべられ、日本ショット社から出版された。

小さな空は様々なアレンジがある中で、混成合唱の為にも編曲され、初演は1981年4月21日、「うた」の1曲目になっている。

『小さな空」はTBSラジオ・ドラマ「ガン・キング」の主題歌
歌ったのは藤木孝?ジェリー藤尾?

うた T
’日本ショット社
1 小さな空(作詞 武満徹)
2 うたうだけ(作詞・谷川俊太郎〉
3 小さな部屋で(作詞・川路明)
4 恋のかくれんぼう(作詞・谷川俊太郎)
5 見えないこども(作詞・谷川俊太郎)
6 明日ハ晴レカナ、曇リカナ(作詞 武満徹)

うた U
7 さくら(日本古謡)
8 翼(作詞・武満徹)
9 島へ(作詞・井沢満)
10 〇と△の歌(作詞・武満徹)
11 さようなら(作詞・秋山邦晴)
12 死んだ男の残したものは(作詞・谷川俊太郎)

 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。