チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2018/12/09 0:18:48|あれこれ
チャレンジの課題「マイク」
明日の60歳の手習い
ジャズに挑戦のリベンジ・・・・
課題は「マイク」

マイクはただ単純に拡声機器!という訳ではない

例えばピアノのペダルのように
それをつかう事で表現の幅が広がる
持っている技術を助けてくれ
使いこなす技術をマスターすれば
大きな1つの力をもつことになる

「マイクを使いこなす」
これは、今頃気がついた私の課題

マイクを使うなら
変えなくてはいけない事はあるのだろうか?
声量、声がとおるように歌う事・・・
それに終始していた自分がいる。
微妙な表現はマイクを使う時と使わない時で
差がかなり在るように思う
(私のうたの力が未熟で乏しいことも要因だが)

マイクを利用してできる事は多い
明日はマイクを使うから

マイクについて、知識がなく
詳しいことは全く知らないが・・・・
マイクを使うならこそできる表現を

たとえば、声楽では腹筋が使い切れず
言い切れない言葉を
マイクの力を借りて、ハッキリ言ってみる

例えば、ささやくような声で歌ってみる

例えば、声が決まらない音域の音を
マイクの力を借り、弱い歌い方にして
思うような表現を試みるとか・・・

いくつか試みてみよう・・・
できるかな?そんな余裕あるかな?


 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。