チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2018/10/13 0:11:18|楽曲解説
極上のアンサンブル」1 ブラームス クラリネットソナタ
11月11日 (日)2時から
「極上のアンサンブル」 
NHK交響楽団 首席クラリネット奏者 松本健司
アンサンブル ピアニストとして国際的に絶大な信頼と評価をえているピアニスト 横山美里
 
チケット 4000円


当日演奏予定とされている楽曲について
3回に分けて解説します
今回はブラームス 
  クラリネットとピアノのためのソナタ 第1番



ブラームスは晩年を迎え、創作意欲に衰えをみせていた。
しかし、1891に出会ったクラリネット奏者リヒャルト ミュールフェルトとの出会いで、意欲をとりもどし、立て続けにクラリネットの作品を作曲した。

クラリネットソナタ 第1番、第2番には、ブラームスの作品番号1であるピアノソナタの主題の引用がある。このことは、ブラームスがクララシューマンにあてた手紙にもげんきゅうされている。

ブラームス研究者の磯辺周平の研究によれば、この主題は
ロベルト・シューマンからブラームスへと受け継がれたもので
「クララ・コード」とされている。

2曲のクラリネット・ソナタは晩年のブラームスの孤高の心境と諦観の境地をしめしているものであるが、楽譜には、情熱的に、情感を込めての指示が多用されている。

クラリネット・ソナタ 第1番
第1楽章 緻密な動機による展開が駆使され、劇的な展開を見 
     せる。
第2楽章 美しい緩徐楽章で、クラリネットが細かい装飾を含 
     む旋律を歌う。
第3楽章 穏やかな間奏曲
第4楽章 第1楽章から、徐々に外向的になってきた楽曲が
     快活なフィナーレに到達する。  


「極上のアンサンブル」 チケット予約はこのブログの
お問合せフォームからもできます。
または、チェチリア工房まで、TELかFAXで

チェチリア工房 TEL&FAX 

0463(71)7611
     





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。