チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2018/07/28 0:14:38|楽曲解説
ビリージョエル ピアノマン
ウイリアム マーティン ビリー ジョエル
1949年 米ニューヨーク州 サウス・ブロンクス出身
シンガーソングライター・歌手 ・ピアニスト

代表曲
・ピアノマン
・素顔のままで
・オネスティ

ビリー ジョエルは14歳の時エコーズという名のバンドに参加した。高校時代、自分はコロンビア大学ではなく、コロンビアレコードに行く・・・とバーでピアニストとして働き、必要単位をおとして、中退を余儀なくされた。
コロンビアレコードとは契約をはたし、中退から25年たった1992年にエッセイを提出し、高校の卒業資格を認定された。
神経衰弱から精神病院に入院、うつ病にも悩まされた。

ソロ・デビューも果たしたものの、人間不信に陥るような
状況に遭遇し、心の病は進行した。

1973年 アルバム「ピアノ・マン」で再デビュー。
表題曲ピアノマンはゴールドディスク認定作品となる

ピアノマンはビリーが弾き語りで生計をたてていた頃の
体験を元にした歌で、2000年代まで、ライヴの定番曲であった。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。