チェチリア工房

ここは、工房という名の音楽室です。音楽は目に見えませんが、必ず何かを創造しています。天井が高く素晴らしい音響が自慢のスペースです。レッスンやコンサート その他、創作活動の発表にご利用ください。
 
2017/08/15 0:48:56|あれこれ
感動!アニメーションチーム
5泊6日
イタリア籍のクルーズ船で
演奏家やパフォーマーの演技や生き方を覗いてきた。
パフォーマンスや演奏、ダンスを生業にする人たちの
仕事の現場だ

彼らは何か月かの契約で
この船上で催されるショーに出演している
今回は9チームの演奏家やパフォーマーが乗船していた。
中には、途中の寄港地で契約が満了し、
下船する芸人、途中から乗り込んできたバンドもあった

当然のことだが、
皆、凄まじい勢いで、全力の演技をする。
仕事に対する厳しい現実があるのだ。

船の職員は700名程いるらしく
国籍は30か国から来ているということだった
色々な国の言葉が行き交い
様々な音楽が流れている

自国の音楽やダンスを披露したり、
サービスメニューもあった

MCや飲み物のサービス、写真撮影などで
オーディエンスにはサービス
ワクワク感を掻き立て、より高揚させてくれる

演奏者を含めたパフォーマーの中に
アニメーション チームという
船の職員で構成されたチームがあった。
20代から30代位の男女10人くらいのチームだ
本来は船の職員
入稿や下船の時の案内や
船内イベントにはいつもいる。
朝のストレッチから、夜のダンス教室まで
12時間ぐらい、働いているが
いつもパワフル、元気一杯、天真爛漫、
ホスピタリティーに溢れ、楽しさを振りまいている。
船内のホールやデッキで
ズンバダンスパーティーをやったり
時には、一人ひとりが
それぞれの得意なワークショップの講師になったり
休む時間があるのか・・・・と思うくらい
次から次へとイベントを提供してくれる。
しかも、彼らはれっきとした船の職員だ
1300人いる乗客の
オプショナルツアーの案内や下船の案内を
分担して、取りまとめている

ダンス教室の時は誰よりも楽しそうに踊り
パーティでは皆を盛り上げ
素晴らしい一生懸命さに触れ
彼らを見ていたら、泣きそうな気持にもなった
仕事を大事にしているだけではない・・・・
瞬間ごと、全力の生き方に感動した

I HAVE A DREAM という フィルムを見た
洗濯係、食堂係 キャビン係、
様々な部署で働く人たちのドキュメントだ

演奏に触れ、音楽イベントの視察・研修の目的だったが
もっと広く、「生きる」というテーマの
生の姿を見た
音楽に生きる者も
ダンスに生きる者も
どの仕事に生きる者も
仕事の時間そのものに人生を反映させていた
そういう在り方が 私には激しいくらい新鮮で

自分はもう若くはないけれど
負けてはいられない・・・・と思った

日々を送る
どの瞬間も大切に生きようと
これからの活力をもらった
チェチリア工房という船で働く自分と
アニメーションチームの彼らを重ねて
下船のときには心から感謝をした
特に、ずっとわたしの目を引き付けていた女性がいる
WANG YIQING
そして、そのほかのメンバーにも
心から感謝の挨拶を・・・・






 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。