NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合いパートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUU”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2013/03/24 17:10:33|その他
海沢谷
日程  :06年05月19日
山名  :奥多摩 海沢谷(御岳山の近く)
メンバー:nmt、ucon
コース :越沢バットレス→峠→海沢谷三つ釜の滝→大滝→大岳山→鍋割山→峠→坂下→はとのす駅
情報  : 
・峠まで反対方向から林道が林道が来ている。 
・林道を下ると三つ釜の滝という公園施設に出ろ。ココには大きな東屋あり。 
・三つ釜の滝は小さいが綺麗な釜と苔に被われた滝が続いている。
・滝の右側には大岳まで続くシッカリした山道がある。 ・大滝は直登不能。ココで右の斜面を50m登って山道にでて大岳に向かう。
・大岳からは御岳山関連のハイキング路を鍋割山まで行く。 ・鍋割山から峠までのショートカットのため地図上道のない稜線を歩いたが踏み跡あり。
紀行文 :
バットレスから峠までは斜面をトラバースしながら徐々に登って行く。昔はこの途中に数件の民家があったらしく石垣等の施設があった。 峠は城山と鍋割り山の最低鞍部で海沢谷側からココまで林道が通じていた。林道を暫らく下って海沢谷に着く。ココは公園風になっていて10人以上が入れる東やがあった。そのすぐ上流が三つ釜の滝と言われるちょっとした景勝地で深い滝つぼを持った小さな滝が続くゴルジェ。左岸には大岳へと続く道があるが我々は滝を登る。(多分いけないことかも?)この川の上流は森が深くて豪雨などがあっても増水しないのか水際の石までぎっしりと見事な苔がついていた。途中10mくらいの滝があり、直登はできないが右の壁にボルトが見えたのでnmt氏リードで登る。殆ど登る人はいないようで一枚岩に草が張り付いていて微妙なバランスを強いられた。 このすぐ上で大滝(20m)になり、時間も押していたので左岸沿いの道にでて大岳に向かう。大滝の上はあまり滝は無いのかところどころ山葵田があった。大竹を通過し、鍋割山で御岳への道と分かれ今回の楽しみの一つである未踏の尾根に飛び込んだ・・積りだったが残念ながら踏み跡があり難なく峠まで着いてしまった。 今回も御岳という観光地周辺のハイキングエリアなのに雨模様の天気のためか、一人の登山者にも会わない静かな山旅であった。   記:ucon 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。