60代 なるようになるさ!なんとかなるさ!なんとかするさ!

5年の時間が過ぎたよ 何も変化なくこんなもんでしょう
 
2019/09/18 14:02:00|ぶらぶら歩き
事件だけは知っていたが

少し話を変えて

八甲田の有名な 雪中遭難事件


国道を 走ってたら

遭難者銅像の 道標があった

4kmほど 入った場所だ

立ち寄ることにした

登山地図を見て 山の中にあるものと

思っていたのだが


そこは 公園になっていて

駐車場には 2台の車のみ

外に出ると 寒い

 
銅像を目指す

前方から 二人連れが 降りてきた

道の左手は 草の原っぱだ

どうも ここが 八甲田雪中遭難の場所

らしい

周囲は 大きな木がいっぱいだ

当時 雪は3mぐらいあったのでは

ここを 歩くのは

至難の業だと 思うがね



先に進むと 銅像はあった

北の方 青森湾を 向いている

これが 後藤伍長の立ち姿

発見当時 仮死状態だったと言われてる

伍長が立っていたことで

捜索隊が 遭難地点を特定できた


後藤伍長 助かってます

実際に 伍長が発見されたのは

数キロ 青森寄りらしいが

210名中 11名が救助

救助された人で 最も長く生きた人は

1970年まで 生きていた

箱根の療養所に いたらしい


行軍ルートは 今の県道40号線

と ほぼ同じ

八甲田山の 北側を抜けるルート

標高730m地点




話は 変わるけど

世帯主が 40歳代の家庭で

所得が 300万円未満の家庭

1994年 11%

2014年 17% に増加

就職氷河期世代 なのだろうか

最もお金が 必要な40歳代で

生活が 苦しくなっているのだね


何が起きているのだろうか?



写真
遭難の場所
銅像
八甲田を後ろに立つ銅像


本日の行動記
なし















 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。