60代 なるようになるさ!なんとかなるさ!なんとかするさ!

5年の時間が過ぎたよ 何も変化なくこんなもんでしょう
 
2019/09/14 13:36:00|低山を歩く
帰ってきたら季節は秋に

東北は 奥が深いよね

平塚駅から 新青森駅まで

5時間弱も かかった

14:38 新青森発の新幹線

19:17  平塚着の東海道

仙台でも まだ東北の入り口って感じ


木曜日 出かける日は 夏日

当然 半袖すがた

金曜日 帰ってきたら

長袖だ

いつの間にか

季節が 秋に移ってた




八甲田山の コースを

標準タイムと 比較した

酸ヶ湯ー>大岳山頂の登り

標準 2時間30分

我々 2時間34分

大岳山頂ー>酸ヶ湯の下り

標準 2時間30分

我々 2時間25分

ほぼ標準タイムで 歩いたよ

最近は ずいぶん遅くなっていたが

これなら まだまだ大丈夫


でも 途中追い越される一方で

追い越すことは なかったが

それでも 標準タイム近くだった

寒かったのが 良かったのか

当日 酸ヶ湯 最低温度 7.5度


今回 心配してたのは

登山中に 座骨神経のしびれが

発生して 歩くのが大変になること

だったが

だが まったくしびれとか 

起きませんでした

快調そのもの




酸ヶ湯第二駐車場に 車を止めて

登る準備を してたら

おじさんが こちらを見てた


なんでも このおじさん

熊本から 車で来たと言う

青森から始まって

東北の山を 歩くのだと

なかなか 感じの良い

おじさんである

我々 お先にと 言って・・・


(近くに止まってた 車には

同じく熊本の軽自動車 

徳島のキャンピングカーなど)



6:33 登山口から 歩きだした

ここに 鳥居があるのだが

八甲田山神社とある

八甲田も 信仰の山なのか?


一昨日の雨の 影響なのか

道に水たまりが ありました

ずいぶん 硫黄のにおいもしてる

酸ヶ湯温泉も 近いから

当然と言えば 当然か


木々の間を 抜けたら

突然 注意の看板とともに

枯れた木ばかりの 場所に出た

看板は 

火山性ガスに注意

この付近では 硫化水素ガスが

発生するので と言う

クマも いちころのガスだ


何本かの 立ち枯れた木

一帯には 草木も生えてなく

黒い土が むき出しだ



今朝 起きた時

体が こわばっていた

それでも 食事後散歩へ

今日は 軽くして 8000歩ほど

歩こうかなと

階段の登り降りで 太ももが

やや痛い

明日は もっと痛みそうだ



写真
第二駐車場 先に登る登山者 登山口
鳥居 登山道
火山ガスで枯れた木々


本日の行動記
登山靴 運転の折れシューズなどの
 汚れ落とし




























 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。