60代 なるようになるさ!なんとかなるさ!なんとかするさ!

年金生活5年目に突入 60代も後半に
 
2018/05/15 14:27:00|ぶらぶら歩き
道の真ん中ですることない

王子から 東十条駅方面へ

京浜東北の 線路脇の道を 歩く


右手は 線路

左手は 10mほどの崖が

ずっと 続いてる


崖の上に住む 人と

下に住む 人は 挨拶とかは

ないのでしょうね


清水坂公園の手前の 高台に

登ったら

小さな 祠があった

きれいに 手入れが 行き届いてる


香取神社に 行く途中

マンション横に 幅の狭い 小さな階段が

崖の上に 伸びている

おもしろそう!

でも 民家の中だったら やばいね

住居不法侵入だよ

まー なんとかなるか!


階段を 登った

ごくごく 小さな家が

崖に へばりついている

道幅は 1mほど


突然 その一軒から

おばあさんが 出てきたよ

何か 言われるかな?

ちらっと 見られたが

そのまま わたしの前を 歩いて

隣の家の チャイムを鳴らした

聞こえてきた 声では

どうも 回覧板を届けたようだ


玄関前の 狭い道を通り抜けた

左折しても

道は 狭い

ここで 弱ったことに

今 どこを歩いてる?

Google Mapで 確認することにしたよ

Tabletを 開く

この先が 香取神社らしい


”道の真ん中で 何をしてるの?”

声に びっくりしたよ

”道が分からなくて”

”それにしても 道の真ん中で

することないでしょう”

”こちらに 寄ったら”

と 自分の家の方に 寄れと

指図された

素直に その家の脇に寄った


声の主は おばさんだった

玄関に 入ろうと

鍵を 回してるところ

そんなに 広い道でもないのだがと

後で 思った


香取神社は 藤堂高虎が

1627年に 建てたもので

赤羽の高台に ある

崖下には 建てないのだね



本日のちょい話

先日 迷ったが(雨予報)

狂言を 観に行った


最初に 狂言師の話があるのだが

その日は 若い人で

徳島出身らしく

田舎は 自然がある 自然が・・・

それしか ないのだと言う

徳島に行ったことが ある人は?

何人かが 手を上げた


わたしは 手を上げません

行ったのではなく 住んでたので

屁理屈か?



そろそろ覚悟が 必要だと

日刊ゲンダイの記事


日銀は 物価2%目標を 取り下げた

異次元緩和で 年間15万円の所得が減り

大企業は 内部留保を増やした


異次元緩和も 限界が見え始め

そろそろ 国民も 現実を見て

覚悟を すべきだとの 警鐘


いつかは 来るのだが

それは いつかが問題!



写真
線路脇の崖
小さな祠
崖を上る小道
香取神社


本日の行動記
図書に本返却
































 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。