60代 なるようになるさ!なんとかなるさ!なんとかするさ!

6年の時間が過ぎたよ 変化はなくても時間は過ぎる
 
2015/03/25 15:33:00|ぶらぶら歩き
箱根峠を越えられず断念(4)いろんな坂道

畑宿からの 旧街道入口は

箱根寄木細工の店 その左側にあります


”あそこのはずだ” と思い 前を見ると

そこには 団体さんがいて

標識が見えません

40人ほどか 年配者ばかりのようだが


1人と40人では 歯が立ちません

通り過ぎるのを 遠くから見つめます

少し離れたので 写真をパチリ


のんびり 静かに歩きたいので

距離が開くまで 入り口で待ちます

その時 後ろから 大きな声が

振り向くと またもや団体さん

30人ほどは あろうかと

まいったね 団体さんにサンドイッチ状態


意を決して 前の団体に迫ります

ちょうど 案内板の前で

講釈が始まりました

これ幸いに さっと 横を通り過ぎます

一目散に 早足で 進みます


”七曲がり” に入りました

車道脇の歩道を ゆっくりと進む

パトカーが 通り過ぎて行く


歩きながら 何かの気配で

反射的に さっと右を向いた

真横 1mに

ツーリングの男性がいた

目があった

その方が 「こんにちは」 と

会釈しながら

わたしも 「こんにちは」と

反射的に 会釈しながらだ

その方は 七曲がりの坂で

相当苦しい はずなのだが

あいさつをしてくれた

初めてですね

ゆっくり ゆっくり

その方は 登っていきましたね


「橿木坂」(かしのきさか)に さしかかる

案内板には こう書いてある

”けわしきこと 道中一番の難所

おとこ かくぞよみける

橿の木の さかをこゆれば

くるしくて どんぐりほどの

涙こぼる”


目の前に また団体さんです

かなり高齢の おばあさんが

ゆっくり ゆっくり 

杖をつきながら 登ってます

追い越さないよう しばらく後を歩きますが

仕方なく 横を通り抜けます

ツアーの方が 

「どうぞお先に」と 声をかけてくれたので


先を 急ぎます

別に 急いでもいないのだが

追い越したので 恰好を付けて 足早に


前から カップルが降りてきました

若い?? 中年? 年配???

下りは 楽そうだが

雨に濡れた 石畳は

転ばないよう 注意が必要

特に 下りは

次は 同年代の男性

この3人だけ 降りてきたのは


「猿滑坂」 「追込坂」と続く

それぞれ 名付けの

理由があるのだろうが

”猿もすべる つるつるした坂” とか?

相変わらず 才能ゼロ


甘酒茶屋が 見えてきました

店の横にある 腰かけでは

外国の若い男性が 何かを食してます

日曜日なのに 人は少ない

昔から ここで食べたことはない

なぜか? とにかくそうなのだ

家族と 車で来た時も


本日の行動記
Gymで1.5時間 
本日最終回の韓国ドラマ
 













 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。