NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合い、パートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜X”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2021/11/23 14:54:15|その他
モミソ沢

★写真の上でクリックすると拡大します。
 GPSの軌跡
 遡行風景
 nezumiさん大滝を登攀中
 ソグラ沢左岸尾根を下降中
     
日  程: 2021年11月20日(土)
メンバー: nezumi(LD)、mikko (記)
天  気: 晴れ
行  程: 3H12′
歩行距離: 1.51km
総上昇量: 233m

コース:
平塚自宅⇒秦野駅7:00⇒7:30モミソ沢出合下降地点Ⓟ8:00→8:06モミソ沢出合→9:08大滝10:18→(ソグラ沢左岸尾根下降)→渡渉→11:12モミソ沢出合下降地点Ⓟ⇒秦野駅⇒自宅

日記:
nazumiさんに誘われて久しぶりに沢登りをしました。

秦野駅でnezumiさんとお久しぶりで合流後、目的地に向けて出発する。
心配した林道の走行は問題なく通れて、モミソ沢出合への下降点Ⓟスペースに到着する。

水無川の渡渉は水量が少なめであったが、いつも乗っていた大石が無くなっていたため、飛んで越えることが出来ずに、ひと足ちゃぽんでやっと対岸へ移れてホッ!

懸垂岩の横から入渓、モミソ沢へと入って行く。
水量が少なめなので足を濡らすことなく、枯れ葉でスリップをしないように注意を払って進み、大滝まではロープを出すことなく、ふたりなのでどんどん進みます。

上部には倒木があったが、下を潜り抜け出来たので問題なく通過でき、やっぱり沢は良いね〜、気持ち良いね〜で高度を上げて大滝に到着する。

出合から1時間、まだ9時過ぎです。
ゆっくり休憩を取り、大滝に一カ所ハーケンを打つようだったのでnezumiさんはハーケンを打つ練習を楽しそうにしている。

用意も整って大滝の登攀開始です。
ザックを置いて空身でnezumiさんがリードをします。残置のリングボルトの下方でハーケンを打って越えて行き核心部へ。。。。
核心部で若干苦労していたが、無事に越えて落ち口へ。

確保してもらってmikkoが登った後、nezumiさんがロアーダウンで下りてザックの回収後、ハーケンも回収して無事に登攀終了。リードで登ったnezumiさんは達成感いっぱいで超楽しそうです。

今回の下山は、ふたりともお初のルートです。
落ち口から一段上がったところから、右岸側に付く細めのトラバース状に付く踏み跡を辿って行き、2本目の尾根を下降します。下り始めは急ですが尾根形になると傾斜が緩くなって歩きやすくなった。

水無川を濡れることなく渡渉したあと、急斜面に付く踏み跡を這い上がって車を止めた場所から少し手前の林道に出て車に戻った。
大滝から1時間も掛からず戻ったので、午前中に終えてしまった。
久しぶりの沢登り、楽しかった〜





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。