NET山岳会”HALU”

Eーメールで連絡を取り合い、パートナーを探して登山を楽しむ山岳会です。活動はハイキングから雪山、岩登りまで幅広くやっています。経験や会費など必要ありません。もちろん年齢制限などありません。必要なのは山へ行きたい気持ちだけ。 別にもう一つ詳細なサイト”HALUT〜X”がありますのでリンク欄から訪問してください。
 
2020/11/23 18:55:00|その他
八王子城址 太鼓曲輪尾根・北尾根ハイク

                                                                             2020年11月23日
駐車場発6:50→八王子城址管理棟7:05→太鼓曲輪尾根に上がる7:20→第二堀切、第三、第四、第五堀切→登山道合流8:13→熊笹山8:55→富士見台9:20→結の城(天守閣跡)10:00→堀切10:30→本丸跡昼食10:50→城山神社→旧道→管理棟12:00→ガイダンス施設見学→駐車場12:42

参加者;LDsako、mikko、momo、kazunoko、popo、しゃいちゃん、AKINA、記)furu

八王子城は北条氏康の三男である氏照によって築城され、築城の際には安土城を参考にしたともいわれ、小田原城(北条氏)の支城でした。豊臣秀吉の小田原征伐の一環として豊臣方の上杉景勝・前田利家・真田昌幸らに氏照が留守の時に攻められ、1日で落城し廃城となりました。自然の地形を利用した大規模な山城は日本100名城に選ばれ、発掘調査や整備も進み、御主殿跡付近の石垣、虎口、曳橋などが復元されています。
この天然の地形を利用した要塞は、南側は谷からの急峻な地形のため攻められ難い地形ですが、今回歩いた太鼓曲輪尾根伝いに山城を上から攻撃されぬ様、太鼓尾根に曲輪を作り、第一から第五の堀切を作り、尾根上を敵がスムースに移動できなくした名残と伝えられています。実際に見た堀切はダンプで5~60台分もの土砂を削り、今でも通過には一汗かく急勾配で、尾根上の移動を困難にしていました。太鼓曲輪尾根を登ると、ハイキングコースと合流して、熊笹山、富士見台を経て、結の城(天守閣跡)で一回目の昼飯、そこから尾根を登り下り、巻いて本丸跡(二回目の昼飯)、八王子城神社は能舞台まであり由緒ある神社でした、下りは旧道で管理棟のある登山口へ・・・。朝は閉まっていたガイダンス施設に寄り、今日歩いた太鼓曲輪尾根や城の説明VTRを見て、勉強!少し頭が良くなった感じがしました。
帰りは3連休で高速の渋滞を避けるため、一般道で帰ったが、高速利用の朝は50分、帰りの一般道で70分でした。


 関連記録 mikkoさんの記録へ


 




     コメント一覧
[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

ありがとうございました。
なかなか行かれない所でした。
お陰様で少し歴史に興味が湧いてきました。

momo  (2020/11/26 12:24:06) [コメント削除]

のんびり、ゆったり
おしゃべりに花咲かせ、のんびりゆったりのハイキング、furuさんのお陰で、格調高くなりました。
sako  (2020/11/24 18:44:23) [コメント削除]

頭も体も良くなるハイキング!
キジョランの綿毛の気配は全くありませんでしたが、sakoガイドの説明を聞きながら、楽しいハイキングが出来ました。有難うございました。
kazunoko  (2020/11/23 20:29:54) [コメント削除]

[ 1 - 20 件 / 3 件中 ]

     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。